ロバート・アーバスノット (初代アーバスノット子爵)

初代アーバスノット子爵ロバート・アーバスノット英語: Robert Arbuthnott, 1st Viscount of Arbuthnott PC、1625年以前 – 1655年10月10日)は、スコットランド貴族

生涯編集

第17代アーバスノット領主サー・ロバート・アーバスノット(Sir Robert Arbuthnott、1633年3月15日没)とマーガレット・フレイザー(1651年12月22日没、第6代ラヴァト卿サイモン・フレイザー英語版の娘)の長男として生まれた[1]

チャールズ1世への忠誠により[2]1641年11月16日にスコットランド貴族インヴァバーヴィー卿アーバスノット子爵に叙され[1]、1649年にはスコットランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命された[2]

1655年10月10日に死去、長男ロバートが爵位を継承した[1]

家族編集

1639年までにマージョリー・カーネギー(1651年12月22日没、初代サウスエスク伯爵デイヴィッド・カーネギーの娘)と結婚、1男1女を儲けた[1]

  • マーガレット
  • ロバート(1682年6月16日没) - 第2代アーバスノット子爵

1653年6月30日、キャサリン・フレイザー(1619年 – 1663年10月18日、第7代ラヴァト卿ヒュー・フレイザーの娘)と再婚、1男1女を儲けた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 70.
  2. ^ a b Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1910). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Ab-Adam to Basing) (英語). 1 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 184.
スコットランドの爵位
爵位創設 アーバスノット子爵
1641年 – 1655年
次代
ロバート・アーバスノット