デイヴィッド・カーネギー (第4代ノースエスク伯爵)

第4代ノースエスク伯爵デイヴィッド・カーネギー英語: David Carnegie, 4th Earl of Northesk PC1675年1729年1月14日)は、スコットランド貴族

生涯編集

第3代ノースエスク伯爵デイヴィッド・カーネギーとエリザベス・リンジー(Elizabeth Lindsay第17代クロフォード伯爵ジョン・リンジーの娘)の長男として生まれた[1]。1688年10月に父が死去すると、ノースエスク伯爵の爵位を継承、1698年7月19日にスコットランド議会英語版議員に就任した[2]

1702年、スコットランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命された[2]。また、1708年から1715年までスコットランド貴族代表議員を務めた[1]

1729年1月14日に死去、長男デイヴィッドが爵位を継承した[1]

家族編集

1697年1月29日、マーガレット・ウィームズ(Margaret Wemyss、1763年3月29日没、第3代ウィームズ女伯爵マーガレット・ウィームズの娘)と結婚、2男5女を儲けた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1509.
  2. ^ a b Cokayne, George Edward, ed. (1895). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R) (英語). 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 78.
スコットランドの爵位
先代:
デイヴィッド・カーネギー
ノースエスク伯爵
1688年 – 1729年
次代:
デイヴィッド・カーネギー