デキムス・ユニウス・ブルトゥス・スカエウァ (紀元前292年の執政官)

デキムス・ユニウス・ブルトゥス・スカエウァラテン語: Decimus Junius Brutus Scaeva、生没年不明)は紀元前4世紀末から紀元前3世紀初頭の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前292年執政官(コンスル)を務めた。

デキムス・ユニウス・ブルトゥス・スカエウァ
Decimus Junius Brutus Scaeva
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 ユニウス氏族
官職 執政官(紀元前292年)
テンプレートを表示

出自編集

プレブス(平民)であるユニウス氏族の出身。共和政ローマ最初の執政官ルキウス・ユニウス・ブルトゥスはパトリキであったが、その二人の息子は最後のローマ王タルクィニウス・スペルブスに加担した罪で処刑されており、その子孫はプレブスとなっている。父は紀元前325年の執政官デキムス・ユニウス・ブルトゥス・スカエウァと思われるが、はっきりしない。

経歴編集

紀元前293年、スカエウァは執政官スプリウス・カルウィリウス・マクシムスレガトゥス(高級幕僚)となる。ファルスキとエトルリアの反乱に対処するためであった[1]

紀元前292年、執政官に就任。同僚執政官はクィントゥス・ファビウス・マクシムス・グルゲスであった。スカエウァは前年に引き続き戦争のために出征したが、レガトゥスは前年の執政官カルウィリウス・マクシムスが務めた[2]

脚注編集

  1. ^ リウィウスローマ建国史』、 X, 43
  2. ^ リウィウス『ローマ建国史』、 X, 47

参考資料編集

関連項目編集

公職
先代:
ルキウス・パピリウス・クルソル
スプリウス・カルウィリウス・マクシムス
執政官
同僚:クィントゥス・ファビウス・マクシムス・グルゲス
紀元前292年
次代:
ルキウス・ポストゥミウス・メゲッルス
ガイウス・ユニウス・ブブルクス・ブルトゥス