メインメニューを開く

デジタルジレンマ: Digital Dilemma)とは、制作された映像音声コンテンツデジタルデータ化した場合の長期的な保存性が全く保証されておらず、むしろアナログ的な保存よりもコストがかさむという外部記憶装置(ストレージ)に関するジレンマである[1][2]

概要編集

 
CDDVDハードディスクフラッシュメモリなどの寿命は5年~20年程度といわれている。

アメリカ合衆国映画芸術科学アカデミーが「The Digital Dilemma」と題する報告書において述べたもので、報告書によれば、映画はデジタル方式で同等の画質の映像データをストレージに記録・保存すると、従来のアナログ方式である35mmフィルムで保存する方法に比べて格段にコストが高くつく。

また、デジタル方式での保存性に関しての保証は確立されておらず、かつメディアの故障などでマスターデータが消失すれば取り戻しが非常に困難(高コスト)になるという危険性もはらんでいる[1]CDDVDハードディスクなどの寿命は5年から20年程度といわれている[3]フラッシュメモリは製品仕様上、長期保管を想定していない。デジタル技術の革新の速度は速く、フロッピーディスクに保存したデータがCDやDVDの全盛期となって以降は読めなくなることが多いのと同様に、CDやDVDもいつかは新しいメディアに取って代わられるため、その都度新しいメディアにコピーを繰り返す必要が生じ、結果的にアナログ方式よりも格段にコストがかかってしまう。

アカデミー2000年代初頭から、アカデミー賞作品などをはじめ膨大な数の映画フィルムをデジタル化して磁気ディスクなどデジタル方式に変換して保存することが妥当かどうかを調査した結果、具体的な方法と技術はまだ見出されていないとして2007年に「ザ・デジタル・ジレンマ」と題する報告書を発表し、社会に警鐘を鳴らした[2]

慶応大学で2008年10月下旬に開かれた国際シンポジウム「デジタル知の恒久的保存と活用に向けて」と題したシンポジウムで、アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーのアンディ・モルツは、「デジタル映画の長期保存は難しい。百年以上使われてきた35ミリメートルフィルムに匹敵する技術は無い」と断言した。モルツはほとんどのハリウッドの映画スタジオが保存用の映画をフィルムにしている現況を紹介し、フィルムと同等の4K4096×2160画素)の品質でデジタル映画化した場合、保管コストはフィルムの場合の11倍になると算出している[2]

マイグレーション編集

デジタルコンテンツの長期的保存は、新方式の記録媒体が登場する度にデータのコピーを繰り返すマイグレーション(移住)が最適とされてきた。しかし、2時間のフィルムで2-5テラバイトもの情報量がある高密度画像の映画には膨大なコストがかかる。アンディ・モルツは映画業界のほか、アメリカ国立公文書記録管理局(NARA)やアメリカ議会図書館など多くの分野で同じ課題に直面していることを指摘している[2]

脚注編集