メインメニューを開く

デスニードラウンド』は、アサウラによる日本ライトノベル。イラストは赤井てらが担当している。オーバーラップ文庫から刊行されている。

デスニードラウンド
ジャンル ガンアクション
小説
著者 アサウラ
イラスト 赤井てら
出版社 オーバーラップ
レーベル オーバーラップ文庫
刊行期間 2013年4月 - 2014年5月
巻数 全3巻
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル
ポータル 文学

目次

ストーリー編集

額の借金を持つ女子高生のユリは返済のために、銃を持ち、己の命をリスクに晒す……そんな危険な傭兵稼業に手を出した。彼女は合法・非合法を問わず危険な仕事を請け負う「死に損ない」ばかりの松倉チームで仕事を始めるが……

登場人物編集

  • 主要人物
葛ユリ(つづら ゆり)
本作の主人公。高校2年生。
松倉(まつくら)
北海道出身の30歳。
武島 (たけしま)
180㎝を超える長身、モデルのように整った容姿の22歳。ヘビースモーカー。
大野(おおの)
童顔・童貞(武島談)の28歳。

既刊一覧編集

オーバーラップ文庫から刊行されている。

タイトル 発売日 ISBN 表紙
1 デスニードラウンド/ラウンド1 2013年4月25日 ISBN 978-4-906866-15-1 ゆり&ロナウダ
2 デスニードラウンド/ラウンド2 2013年8月25日 ISBN 978-4-906866-27-4 ゆり&P君
3 デスニードラウンド/ラウンド3 2014年5月25日 ISBN 978-4-906866-78-6 ゆり&ニッティー

製作過程のプロット編集

オーバーラップ文庫創刊にあたってアサウラとオーバーラップ文庫編集者との間で会話がなされ、その時に「ほかの出版社さんや作家さんに話をしても、絶対に無理だといわれる企画がある」と話題に出されたのが本作で、それに大変興味を持った編集者が「企画書で拝見させてください」と乞うたところ、翌々日にプロットに書き上げて送っていった[1]。そのプロットの冒頭には、作品テーマとして「現代の日本における身近なマスコットキャラクターたちの本性を暴き、かつ、それを既存の銃火器と勇気と狂気で打破するハートフルストーリー」と書かれていたものの、「内容が危険すぎてちっともハートフルさが伝わってこない」と編集者は受け止めたが、逆に好奇心と挑戦心を大いに刺激され、またアサウラの「これがオレのハートフルストーリーなんである」という心意気に惚れて、本作の企画は通った[1]

脚注編集

外部リンク編集