デビッド・タイル

デビッド・エグモント・タイル(David Egmont Theile、1938年1月17日 - )は、オーストラリアクイーンズランド州メアリーバラ出身のオーストラリア人男子競泳選手である。1956年メルボルンオリンピック1960年ローマオリンピックでオーストラリア史上初めて100m背泳ぎ2連覇を達成した選手。選手引退後は外科医になった。

デビッド・タイル Swimming pictogram white.svg
David Theile 1960.jpg
選手情報
フルネーム David Egmont Theile
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
泳法 背泳ぎ
生年月日 1938年1月17日
生誕地 クイーンズランド州メアリーバラ
獲得メダル
競泳男子
オリンピック
1956 100m背泳ぎ
1960 100m背泳ぎ
1960 400mメドレーリレー
テンプレートを表示

経歴編集

1956年メルボルンオリンピック編集

地元オーストラリア・メルボルンで開催されたオリンピックで五輪初出場のタイルは、100m背泳ぎで予選3位・準決勝3位で決勝に進出。決勝では1:02.2の世界新記録を樹立し、オーストラリア初となる背泳ぎで金メダルを獲得した[1]

1960年ローマオリンピック編集

2度目となるローマオリンピックでは100m背泳ぎに出場、予選・準決勝・決勝全てで1位になり、2連覇を達成した。決勝では1:01.9の五輪新記録を樹立した[2]。メドレーリレーにも出場し、銀メダル獲得に貢献した[3]

選手引退後、タイルは外科医になった[4]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集