DELTA(デルタ)は、イタリアカンパニア州カゼルタ県パレーテに嘗て存在した万年筆メーカー。2018年2月を以って廃業。

概要編集

アウロラオマス(廃業)・モンテグラッパビスコンティーマイオーラなどと共にイタリアを代表する萬年筆メーカーとして著名である。
創業は1982年と、万年筆の世界では比較的歴史が浅いが、色調豊かなデザインが人気を博し、短い社史ながら世界で肩を並べるメーカーに急成長を遂げ、1994年にはナポリで開催された主要国首脳会議(サミット)にて調印用の公式筆記具に採用された。
日本では創業当時からダイヤモンド社が国内輸入総代理店を引き受けていた。
2017年7月より長期休業に入ることを発表し、休業状態が続いていたが、2018年2月27日に公式サイトにおいて2018年2月を以って廃業したことを発表[1]
廃業した2018年の内に創業者の1人であるチロ・マトローネの息子で、自信もデルタ製品の制作に関わっていたサルバトーレ・マトローネによってカゼルタの地に事実上の後継メーカーである「レオナルド・オフィチーナ・イタリアーナ[2]」が創業される。
レオナルド・オフィチーナ・イタリアーナの製品がデルタ製品に酷似しているのは以上のような経緯を経ているためであるが、同社はデルタの後継メーカーではないというスタンスを取っており、デルタ製品の修理依頼についても、部品が適合する一部の製品を除き、原則として受け付けていない。なお、創業者の1人であるニノ・マリノがデルタ以前に「マイオーラ」を創業している関係上、レオナルドよりもマイオーラの方が系統的な繋がりが深く、ブランド名のフォントや製品の色調デザインがデルタに酷似しているのはこのためである。

沿革編集

以下には主な出来事を記す。

  • 1970年代 - 後にデルタの共同創業者の1人となるニノ・マリノによってナポリの地に万年筆ブランド「マイオーラ」が創業される
  • 1982年 - チロ・マトローネらによって南イタリア・パレーテの地で「デルタ」が創業される
  • 1994年 - ナポリで開かれた主要国首脳会議で調印用公式筆記具に採用される
  • 2017年7月 - 長期休業に入ることを発表[3]
  • 2018年2月27日 - 公式サイトにおいて2月を持って廃業したことを発表[3]
  • 2018年 - サルバトーレ・マトローネによって事実上の後継メーカー「レオナルド・オフィチーナ・イタリアーナ[4]」が創業[注 1][注 2]される
    • 輸入総代理店はデルタ時代に引き続き、ダイヤモンド社が全面的に担当
  • 2022年 - デルタの共同創業者の内の1人で、マイオーラの創業者でもあるニノ・マリノによってデルタの復活が宣言され、『Delta Anniversary 1982-2022 "39+1"』が世界限定399本で発売される[5]
  • 2022年12月 - 『ドルチェビータ』シリーズの一部が復活

主な展開ブランド編集

VINTAGE COLLECTION
カートリッジ専用の万年筆で、日本では少なくとも8色以上を発表[注 3]
DOLCEVITA シリーズ
デルタを代表するシリーズで、オレンジ色の軸に黒色のペンキャップが特徴(一部を除く[注 4])。
ブランドとしては「MASTERPIECE COLLECTION[注 5]。」「ORO SLIM[注 6]」「PISTON FILLING」「PAPILLON」「MEDIUM ORIGINAL」「SLIM」「MINI」などの展開が確認されている。
レギュラー品から単体の限定品まで多岐に亘り、仕様にも大きな幅がある。
ITALIANA
カートリッジとコンバータのどちらでも使用可能な両用式で、日本では主に4色を展開。
グレード的には「VINTAGE COLLECTION」の上位ブランドにあたる。

その他、民族・地域・人物・出来事などを記念する限定万年筆を中心に、多岐に亘る製品を展開した。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 工房そのものは1973年ごろから既にカゼルタに存在しており、この工房を2018年にメーカーに改組した形である。
  2. ^ 社名の末尾にある「イタリアーナ」はデルタ社の主力商品の1つだった『イタリアーナ』に因む。
  3. ^ レギュラー品は軸とペンキャップが統一された色になっているが、限定品の中には「フォルッツァ」のように軸とペンキャップが異なる色で構成されている物も存在する。
  4. ^ 限定品の中には「デモンストレータ」のようなスケルトンタイプの物も存在する。
  5. ^ MASTERPIECE COLLECTION」はオレンジ色と黒色の斑柄のペンキャップとなっている。
  6. ^ ORO SLIM」はオレンジ色のペンキャップとなっている。

出典編集

  1. ^ デルタ社廃業のお知らせ ダイヤモンド社(日本総代理店)公式サイト 2018年2月27日
  2. ^ 社名が長いため、通称として単に「レオナルド」と呼称し、社名ロゴも「LEONARDO」と大きく書かれている。
  3. ^ a b 長期休業に入った理由および廃業した理由は非公表であるが、運営再開を断念して廃業していることから、業績悪化が原因と考えられる。
  4. ^ LEONARDO OFFICINA ITALIANA ブランド紹介
  5. ^ デルタ名義で発売されているが、メーカーとしては本格的な復活に至っておらず、2022年9月現在において発表されている製品は本作のみであり、公式サイトも現時点では開設されていない。

関連メーカー編集

  • マイオーラ - 1970年代にナポリで創業されたブランドで、創業者は後にデルタを創業することになる人物のうちの一人であるニノ・マリノ
  • レオナルド・オフィチーナ・イタリアーナ - サルバトーレ・マトローネによって2018年に創業された、デルタの事実上の後継ブランド。

外部リンク編集

  • DELTA(リンク切れ)
  • LEONARDO OFFICINA ITALIANA - 事実上の後継メーカー (ただし、同社は'デルタの後継メーカーではないとしている)