メインメニューを開く

座標: 北緯43度13分 東経27度34分 / 北緯43.217度 東経27.567度 / 43.217; 27.567

デヴニャ
Девня
デヴニャの位置(ブルガリア内)
デヴニャ
デヴニャ
ブルガリア内のデヴニャの位置
 ブルガリア
州(オブラスト)ヴァルナ州
基礎自治体デヴニャ
自治体全域の人口10269[1]
(2009年06月15日現在)
町の人口9405[2]
(2009年06月15日現在)
ナンバープレートB
標高48 m
標準時EETUTC+2
夏時間EESTUTC+3

デヴニャブルガリア語:ДевняDevnya)はブルガリア北東部の町、およびそれを中心とした基礎自治体ヴァルナ州に属する。

町村編集

デヴニャ基礎自治体(Община Девня)には、その中心であるデヴニャをはじめ、以下の町村(集落)が存在している。

概要編集

ヴァルナから西に25キロメートルのところに位置している。ベロスラフ湖の西岸、デヴニャ渓谷の西端に位置し、ドブルジャ台地の南の傾斜の上にあり、黒海に程近い。デヴニャ川とプロヴァディヤ川の2つの川が近くで湖へと流れ込んでいる。付近の地形はほとんどがカルスト地形であり、30のカルスト泉から毎秒3500リットルの水がデヴニャ、ヴァルナおよび周辺の工業地域に供給されている。その中で最大級のものがプールを形成し、訪問者に開放されている。2つの川の河口に沿って広大な湿地が広がり、かつては魚やカニが豊富に生息していたが、現在は工業排水により汚染されてしまった。

この地方のみどころとしては、古代ローマ時代の遺跡マルキアノポリス(Marcianopolis)があり、アンフィテアトルムや、ローマ時代のモザイク画[3]in situ」などを有するモザイク博物館、奇岩ポビティ・カムニ(Побити камъни / Pobiti Kamani)などがある。

 
デヴニャとベロスラフ湖、ヴァルナ湖の位置関係

歴史編集

古代編集

デヴニャには古代ローマおよび初期東ローマ時代の都市マルキアノポリスMarcianopolis)があった。この町はローマ皇帝トラヤヌスによって106年に終結したダキア戦争の後に築かれた町である。町はトラヤヌスの姉ウルピア・マルキアナ(Ulpia Marciana)の名から命名された。重要な戦略拠点として町は187年から193年までローマ帝国のトラキアに属し、その後は下モエシアの一部となった。マルキアノポリスのセウェルス朝時代の栄華は248年から249年にかけてのゴート族の侵入と、その後の蛮族の北からの侵入によって終わりを迎えた。

ローマ皇帝ディオクレティアヌスの統治下でマルキアノポリスはトラキア管区の第二モエシア属州の中心都市となり、3世紀末から4世紀初頭にかけて完全に復興された。4世紀、町は近隣のオデッソス(ヴァルナ)に替わってその重要性を増していった。町は地域支配の拠点となり、この時代に築かれたバシリカが20世紀に発掘されている。

恒常的に発生する蛮族の侵入にも関わらず、アヴァール人が侵入して最終的に都市を破壊する614年から615年ごろまで、マルキアノポリスはその重要性を保っていた。その後も地図には長くマルキアノポリスは記載され続けている。

中世、オスマン帝国統治時代、およびブルガリア解放以降編集

スラヴ人バルカン半島に居住を始めた7世紀以降、彼らはこの古代都市の遺構をデヴィニャDevina)と呼んだ。これはインド・ヨーロッパ祖語の「*dhew-(i)na」あるいは「*dhew-eina」(泉、源、水流などの意味)に由来するトラキア語による命名であるが、スラヴ語の「deva」(処女)に関係している可能性もある。中世の間、小さなブルガール人の要塞がこの場所に置かれており、おそらくオムルタグ統治下の9世紀に建造され、10世紀から11世紀にかけて北へ拡張されたものと考えられる。9世紀の広大なブルガール人の共同墓地が発掘されている。ブルガリア皇帝イヴァイロと、その帝位を争ったライバルのイヴァン・アセン3世によって送られた東ローマ軍との間で、1279年7月17日にデヴニャの戦いen)が行われた。

オスマン帝国のバルカン半島への侵入後、要塞は破壊され放棄され、集落は西へ移動した。村はデヴネDevne)の名で税務署として1573年から記載されており、16世紀から17世紀にかけてブルガリア人および外国人によってその他の呼称で、場合によっては川の名称として言及されていることもある。

オスマン帝国からのブルガリア解放以降、町は1934年までデヴネ(Devne)と呼ばれ、その後デヴニャへと改称された。デヴニャ川の下流はオスマン帝国時代より伝統工業の中心であり、水車が多く稼動していた。1969年8月27日、デヴニャは周囲のレカ・デヴニャ(Reka Devnya)およびポヴェリャノヴォ(Povelyanovo)を合併した。

経済編集

デヴニャはヴァルナ・デヴニャ工業団地の一部であり、多くの重要な重工業の工場がデヴニャおよびその周辺に集まり、ブルガリアの国家規模で重要な化学工業拠点を形成している。その中には次のようなものがある:

デヴニャはまた重要な交通拠点でもあり、西ヴァルナ港、および2つの鉄道駅を有している。デヴニャ工業地帯は容量にしてブルガリアの輸出総量の14%を占めている(2004年)。民営化されたSolvay Sodi AD社(旧称:Sodi Devnya EAD)は金額にしてブルガリアで1989年の自由化以降2番目に巨大な民営化案件であった。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^Главна Дирекция - Гражданска Регистрация и Административно Обслужване (2009年6月15日). “Таблица на населението по постоянен и настоящ адрес” (ブルガリア語). 2009年7月30日閲覧。

外部リンク編集