メインメニューを開く

デーオガーオン条約(デーオガーオンじょうやく、英語:Treaty of Deogaon)は、1803年12月17日インドデーオガーオンにおいて、イギリス東インド会社マラーター同盟の諸侯ボーンスレー家との間に締結された第二次マラーター戦争の講和条約。駐在官の配置や外交上における制限も含まれることから、軍事保護条約とみることもできる。

概要編集

第二次マラーター戦争中、ナーグプルボーンスレー家イギリスにより甚大な損害を被り、真っ先に戦線を離脱し、1803年12月17日デーオガーオンで講和を結んだ。内容は以下のようなものであった[1][2]

また、 イギリスにとってこの条約の意義は大きく、オリッサの海岸地帯を併合したことは、カルカッタマドラスをつなぐ陸路を確保したことを意味した[1]。また、ボーンスレー家が保持していたベラール地方はニザーム藩王国に割譲された[1]

出典・脚注編集

関連項目編集