トニー・ブリットン

トニー・ブリットンTony Britton1924年6月9日 - 2019年12月22日)は、イギリス映画及びテレビ俳優。本名はアンソニー・エドワード・ラウリー・ブリットン(Anthony Edward Lowry Britton)で、バーミンガムの出身。

トニー・ブリットン
Tony Britton
本名 Anthony Edward Lowry Britton
生年月日 (1924-06-09) 1924年6月9日
没年月日 (2019-12-22) 2019年12月22日(95歳没)
出生地 バーミンガム
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
活動期間 1950年 - 2019年
テンプレートを表示

略歴編集

1950年代から多数の英国映画に出演するとともに、『血の日曜日事件』(1971年)や『ジャッカルの日』(1973年)のような古典を題材にした公演も劇団「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー」とともにおこなった。1983年から1990年までBBCの人気ホームコメディ番組「Don't Wait Up(en:Don't Wait Up)」にナイジェル・ヘイヴァースダイナ・シェリダンと出演し、人気を博した。

2019年12月22日、死去[1]。95歳没。

脚注編集

  1. ^ "Tony Britton dies aged 95, daughter Fern Britton confirms". BBC News. British Broadcasting Corporation. 2019-12-22. 2019年12月23日閲覧

外部リンク編集