メインメニューを開く

トミー・ハート(Tommy Heart,1968年4月5日-)は、ドイツベルリン出身のミュージシャン。フェア・ウォーニングソウルドクターボーカリスト

人物編集

  • パワフルで艶のあるハイトーンボイスが特長。
  • 日本の映画を見るのが好きで、子連れ狼ゴジラなどを好きな映画に挙げている。初来日ライブで東京に来た時も、「ゴジラで見た景色が目の前にある」と興奮していたらしい。なぜか好きな俳優にもゴジラを挙げている(公式HPより)。
  • 影響を受けたアーティストはデイヴィッド・カヴァデールフレディ・マーキュリー


来歴編集

  • プロデビューはV2と言うバンド。後にジーノ加入(後述)の為脱退。
  • ある時、ジーノドラマーをやっていたC.C.ベーレンス(現・フェア・ウォーニング)から「僕たちと一緒にバンドをやらないか?」と言う電話がかかった。ZENOのファンであったトミーは、これを冗談だと思って電話を切ろうとしたところ、「真面目な話なんだ、君の歌が聞きたい。」と説得されたため、その後ジーノ加入をすんなりと承知した。ジーノの未発表曲を集めたアルバム『Zenology』『ZenologyⅡ』などでトミーの歌っている曲を聴くことができる。
  • 2000年にフェア・ウォーニングを脱退。その理由は「もっとライブがやりたかった。」というもの。その後、自身がリーダーとなってソウル・ドクターを結成し、活発に活動。
  • 2006年、フェア・ウォーニングの再結成に参加。因みに、この再結成がなければジーノの新作に参加する予定だった。

関連事項編集