トルドヴィキロシア語:Трудовая группа)は、20世紀初頭のロシアで活動していた左翼政党である。

ロシア帝国の旗 ロシア帝国政党
トルドヴィキ
Трудовая группа
主な創設者 アレクセイ・アラジン英語版ロシア語版
成立年月日 1906年
前身政党 社会革命党
解散年月日 1917年
解散理由 人民社会党との合流
後継政党 人民社会党
政治的思想・立場 ナロードニキ主義
テンプレートを表示

歴史編集

1905年のロシア第一革命後の1906年、恩赦によって亡命先のイギリスから帰国した元社会革命党の活動家アレクセイ・アラジンによって設立された[1]

1906年3月に開催された第一議会選挙では、母体となった社会革命党とマルクス主義政党であったロシア社会民主労働党が選挙をボイコットする中、着実に支持を伸ばし97議席を獲得し議会第二党へと躍進する。しかし自由主義勢力と社会主義勢力の躍進を嫌ったツァーリによって議会は僅か数週間で解散となった。

翌1907年1月に解散された第二回議会選挙では、104議席を獲得し議会第一党に躍進。他にもボイコット戦術を放棄した社会革命党とロシア社会民主労働党も議席を獲得し議会で社会主義勢力が過半数を握る事態となった。この事態を憂慮したストルイピン首相は左派政党を徹底的に弾圧、更には非常特権を利用して選挙法の改正を実施し貴族地主に有利な制度に改変する。これによりトルドヴィキは大打撃を受け、1907年10月に実施された第三議会選挙では13議席、1912年9月に実施された第四議会選挙では僅か10議席の獲得に留まり勢力は衰退した。

その後も活動は継続され1917年3月の二月革命ではロシア国会臨時委員会を支持し革命後発足した臨時政府に参加するもアレクサンドル・ケレンスキーが社会革命党に移籍するなど党勢の衰退は止まらず、6月に人民社会党と合流を果たす。

しかし1917年11月の十月革命ではボリシェヴィキによる武装蜂起を非難、反ボリシェビキの立場を鮮明にするもロシア内戦に敗北し党は崩壊する。

思想編集

トルドヴィキはナロードニキ運動の影響を強く受け継いでおり、同じナロードニキ運動を母体とした社会革命党と同じく、農地の社会化(国有化ではなく農村共同体の財産とする)や農民・労働者の救済、政治犯の恩赦などを掲げていたが、二月革命後の臨時政府では立憲民主党などのブルジョワ政党と連立政権を組み、ボリシェヴィキによる暴力革命には反対した。

参考文献編集

  • 加納格「1905年革命のトルドヴィキ」『歴史学研究』第518号、青木書店、1-17頁、1983年7月。ISSN 0386-9237CRID 1572824504278181632 

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Aladin Papers (The University of Manchester Library)”. web.archive.org (2016年11月26日). 2022年1月15日閲覧。

関連項目編集