トーシャ・ザイデル

トーシャ・ザイデルロシア語: Тоша Зайдель, Toscha Seidel, 1899年11月17日 - 1962年11月15日[1]は、ロシアヴァイオリン奏者。

トーシャ・ザイデル
Toscha Seidel.jpg
基本情報
生誕 (1899-11-17) 1899年11月17日
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国オデッサ
死没 (1962-11-15) 1962年11月15日(62歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
学歴 ペテルブルク音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

経歴編集

オデッサの生まれ。3歳の時に叔父からヴァイオリンの手ほどきを受け、1909年から地元の音楽院でマックス・フィデルマン[2]に師事した。1912年からペテルブルク音楽院レオポルト・アウアーに師事し、1915年にクリスチャニアでデビューした。 1918年にアウアーと共に渡米し、その年の4月14日にはカーネギー・ホールでアメリカ・デビューを飾った。以後、リサイタルや放送局への出演などを精力的にこなしたが、1930年代後半からロサンゼルスに移住した。移住後はハリウッドのミュージシャンとして多くの仕事をこなし、ヴィクター・フレミング監督の『オズの魔法使』、グレゴリー・ラトフ監督の『別離』やマイケル・アンダーソン監督の『八十日間世界一周』などの映画音楽への参加が挙げられ、アール・C・ケントン監督の『メロディー・フォー・スリー』ではヴァイオリニスト役として出演しているという[3]。晩年はラスベガスのピット・オーケストラで演奏していた[4]

ロサンゼルスにて没。

編集

  1. ^ pomnipro.ru
  2. ^ ミッシャ・エルマンの師匠アレクサンドル・フィデルマンの弟。
  3. ^ imdb.com
  4. ^ instantencore.com