トーマス・ベイズ

トーマス・ベイズThomas Bayesc. 1701年 - 1761年4月17日)は、イギリス長老派牧師数学者哲学者である。ベイズの定理の特殊な場合についての証明が死後発表されたことで知られる。

Thomas Bayes
(トーマス・ベイズ)
Thomas Bayes.gif
1936年に出版された『生命保険の歴史』にあるベイズの肖像画。これが実際にベイズを描いているかどうかどうかは疑わしい[1]。これより前の肖像画や確実な肖像画は残っていない。
生誕 c. 1701年
イングランドロンドン
死没 1761年4月7日(1761-04-07)(59歳)
イングランドケント
国籍 イギリス
研究分野 数学
出身校 エディンバラ大学
署名
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

トーマス・ベイズは長老派教会の教役者であるジョシュア・ベイズの息子として生まれた[2]。出生地をハートフォードシャーとする文献もある[3]シェフィールドにルーツを持つ非国教派の家系に生まれた。1719年にエディンバラ大学に入学し、論理学と神学を学んだ。1722年ごろに帰郷してからはロンドンのレイターズ教会にて父親を補助し、1734年ごろにケントのタンブリッジ・ウェルズへ移住した。同地のマウント・サイオン教会で教役者を1752年まで務めた[4]

生涯の内に神学を扱った本と数学を扱った本の2冊を出版していた事が知られている。

  1. Divine Benevolence, or an Attempt to Prove That the Principal End of the Divine Providence and Government is the Happiness of His Creatures (1731年)
  2. An Introduction to the Doctrine of Fluxions, and a Defence of the Mathematicians Against the Objections of the Author of The Analyst (1736年に匿名で出版)

1742年に王立協会フェローに選出された。

晩年は確率論に深い関心を持った。確率論に関する著作や発見は死後に原稿という形で友人であったリチャード・プライスに渡された。

1755年に病み、1761年にタンブリッジ・ウェルズで亡くなった。ロンドンのムーアゲートにある多くの非国教派の眠るバンヒル墓地に埋葬されている。

関連項目編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ Bayes' portrait www.york.ac.uk 2021年6月29日閲覧。
  2. ^ "Bayes, Joshua" . Dictionary of National Biography (英語). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  3. ^ Oxford Dictionary of National Biography, article on Bayes by A. W. F. Edwards.
  4. ^ The Reverend Thomas Bayes FRS – A Biography”. Institute of Mathematical Statistics. 2010年7月18日閲覧。

参考文献編集

  • Andrew I. Dale. "Most Honourable Remembrance: The Life and Work of Thomas Bayes". ISBN 0-387-00499-8. Springer, 2003.
  • Stephen M. Stigler. "Thomas Bayes' Bayesian Inference," Journal of the Royal Statistical Society, Series A, 145:250-258, 1982.
  • Stephen M. Stigler. "Who Discovered Bayes's Theorem?" The American Statistician, 37(4):290-296, 1983.
  • Michael Kanellos. "18th-century theory is new force in computing" CNET News, 18 Feb 2003.

外部リンク編集