トーレ・マヨール

トーレ・マヨール(Torre Mayor)はメキシコ合衆国の首都メキシコシティPaseo de la Reforma #505に位置する超高層ビル2003年完成で、最上階の高さは225メートル、尖塔を含めると230メートルの55階建てで、1979年に完成したベネズエラの首都カラカスにあるパルケセントラルの220メートルを抜き、ラテンアメリカ諸国で最も高い高層ビルだったが、2010年にパナマシティのオーシャン・ツー (Ocean Twoに抜かれた。なおパナマシティには翌年さらに高いトランプオーシャンクラブ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワーが竣工している。メキシコ国内でも2015年にBBVAタワー (Torre BBVA Méxicoに抜かれている。カナダ人の実業家Paul Reichmannにより開発され、現在彼と国際投資グループがビルを所有している。

トーレ・マヨール
Mexico.DF.Chapultepec.02.jpg
レフォルマ通りとトーレ・マヨール (2004)
施設情報
所在地 メキシコ合衆国メキシコ連邦区メキシコシティー
座標 北緯19度25分27秒 西経99度10分32秒 / 北緯19.42417度 西経99.17556度 / 19.42417; -99.17556座標: 北緯19度25分27秒 西経99度10分32秒 / 北緯19.42417度 西経99.17556度 / 19.42417; -99.17556
状態 完成
建設期間 1999年-2003年
用途 オフィス
地上高
最頂部 230.1m
最上階 225.4m
各種諸元
階数 地上55階
延床面積 84,135 m2
関連企業
施工 Zeidler Roberts Partnership
テンプレートを表示

施工は1999年に始まり、2003年に終了した。地震が多いメキシコシティーの土地柄を考慮し、同ビルにはいくつかの地震対策が施されており、アメリカ合衆国ロサンゼルスにあるライブラリータワーと並び、地球上で最も丈夫な建造物と称されている。両ビルとも、マグニチュード8強の地震に耐えうるように設計されている。

日本航空のメキシコ事務所が入居している。

関連項目編集

外部リンク編集