この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

トーロン族中国語独龍族ピン音DúlóngzúTvrung、トーロン族)は中国漢族チベット族系の少数民族。中国政府に認定されている民族である。人口の大半は雲南省怒江リス族自治州貢山トーロン族ヌー族自治県サルウィン川河口に居住している。人口は約7400人。

トーロン族
独龍族
Beijing-NiuJie-Oroqen-Russian-Derung-Zu-3655.jpg
右側にトーロン族の民族衣装が描かれているポスター
総人口
約7400人
居住地域
雲南省怒江リス族自治州
貢山トーロン族ヌー族自治県
言語
漢語チベット語ミャンマー語系言語
宗教
アニミズムキリスト教仏教

言語編集

この民族文字を持たず、トーロン族独特の言葉を使用する。トーロン族で使用される言語漢語チベット語ミャンマー語系の言語を使用している。文字は持たないため、書物記録をかけて行っていた。

歴史編集

人口は約7500人にも満たない小さな民族であるが、古来中国に存在していた民族である。の時代では唐朝の管轄であった。名称は古文章に「」(きゅう)という記述があり、の頃には「」(きゅう)・「」とトーロン族の記述が残っている。「独龍」は中華人民共和国建国時に名称が変更された物である。

文化編集

トーロン族の生活は貧しく、非常に質素な生活である。徹底した氏族社会である為、氏族間の結婚を禁止している。民族服装で構成される。

かつて顔に刺青を入れる風習があった。

宗教編集

トーロン族は自然には精霊が宿ると考え、アニミズムを信仰している。その他にキリスト教仏教を信仰している。トーロン族のアニミズムにおける信念は、「すべての生き物には魂がある」である。

関連項目編集