ドゥーエー包囲戦 (1667年)

ドゥーエー包囲戦(ドゥーエーほういせん、フランス語: Siège de Douai)は、ネーデルラント継承戦争中の1667年6月30日から7月4日にかけて行われた包囲戦。

ドゥーエー包囲戦
Sieg douai1.jpg
1667年7月のドゥーエー包囲戦におけるルイ14世、アダム・フランス・ファン・デル・メーレン英語版作、1672年頃。
戦争ネーデルラント継承戦争
年月日1667年6月30日 - 7月4日
場所スペイン領ネーデルラントドゥーエー
結果:フランスの勝利
交戦勢力
フランス王国の旗 フランス王国 スペイン スペイン王国
指導者・指揮官
フランス王国の旗 ルイ14世
フランス王国の旗 セバスティアン・ル・プレストル・ド・ヴォーバン戦傷
スペイン オスティシェフランス語版領主ジャン=フィリップ=ルネ・ディヴェ(Jean-Philippe-René d’Ive, seigneur d’Ostiches
戦力
兵士200
武装した平民数千(ブルジョワ民兵と学生)

経過編集

トゥルネー包囲戦の後、フランス王ルイ14世はデュラス伯爵(Duras)にドゥエー(ドゥーエー)の包囲を命じた。フランス軍は7月3日に砲撃を開始、翌日には溝と外壁を越えて半月堡まで着いた。ドゥエーの守備軍は同日に降伏した。

セバスティアン・ル・プレストル・ド・ヴォーバンはこの包囲戦で左頬にマスケット銃撃を受けて傷跡を残した[1]

脚注編集

  1. ^ Toudouze, Georges-Gustave (1954). Berger-Levrault. ed. Monsieur de Vauban. p. 47. 

参考文献編集

  • Gavard, Charles (1839). Galeries historiques du Palais de Versailles. 2. p. 96.