ドナルド・スタイナー

ドナルド・スタイナー(Donald Frederick Steiner, 1930年7月25日 - 2014年11月11日)は、アメリカ合衆国の生化学者。主な業績はインスリン生合成に関する発見。イリノイ州シカゴ出身。

1952年シンシナティ大学卒業後、1956年にシカゴ大学から生化学の修士号M.D.を取得。のちシカゴ大学教授就任。

受賞歴編集

参照編集