メインメニューを開く
DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -9/22:石城謙吉 -9/21:物質-細胞統合システム拠点,今福道夫,グロージャーの法則 -9/20:ドロの不可逆則,溝口元 -9/19:抗Dヒト免疫グロブリン,ロイズ銀行糞石,とさか -9/17:パラミロン,スカイ・アイランド -9/16:アクチン結合タンパク質,フィンブリン,ケカゲロウ科,岡見義男 -9/15:Category:馬の毛色,I型コラーゲン,トレハラーゼ,アスタシン,メルケル細胞 -9/14:フェン・チャン -9/13:麻痺ペプチド -9/11:細菌叢,ヒトマイクロバイオーム -9/9:結合タンパク質,スティルベ科 -9/8:プロフィリン -9/7:発生生物学マーチ・オブ・ダイムズ賞 -9/1:西山市三 -8/31:Category:システム生態学者,コレステロール依存性細胞溶解素 -8/30:クセノキプリス亜科 -8/26:鈴木たね子,ムシモドキギンチャク科,ナノボディ -8/27:武田正倫,Category:女性薬理学者,山崎柄根 -8/26:Category:20世紀の生物学者,Category:19世紀の生物学者,Category:イギリスの女性遺伝学者,Category:イギリスの女性動物学者,Category:21世紀の動物学者,Category:21世紀の生物学者,Category:日本の女性動物学者,Category:日本の女性生物学者,Category:日本の女性栄養学者,Category:女性栄養学者,ナノボディ,奥谷喬司,エド・リケッツ,コンビナトリアル生合成 -8/25:シアニジン 3-グルコシド,ジェームズ・マレー (生物学者),Category:アメリカ合衆国の女性動物学者,Category:アメリカ合衆国の女性生物学者,堀田進 (微生物学者),Category:20世紀の動物学者,Category:19世紀の動物学者 -8/24Category:イギリスの女性植物学者,Category:20世紀の植物学者,Category:21世紀の植物学者,Category:オランダの女性植物学者,Category:アメリカ合衆国の女性植物学者,Category:日本の女性植物学者,白川智弘 -8/23:4-クロロフェノキシ酢酸,クロキシホナック -8/21:坪泰宏,増田直紀,海部健三 -8/19:イグナウィバクテリウム門,キリティマティエッラ・グリュコウォランス,バルネオラ門 -8/18:カルディトリクス門 -8/17:アスガルド古細菌,ロドテルムス門 -8/17:アスガルド古細菌,ロドテルムス門 -8/16:澤田康文 -8/15:パトリック・O・ブラウン -8/14:溶血素,膜チャネル -8/13:エロリジン,膜孔形成毒素 -8/11:細胞溶解素 -8/9:ヘイムダルアーキオータ -8/7:ブドウ球菌病原性遺伝子島,山内晧平 -8/6:CPR群 -8/5:古林英一,ActA -8/4:病原性遺伝子島


ログ: 2018年,2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

ドロの不可逆則(ドロの法則、ドロの原理とも)は1893年にフランス生まれベルギーの古生物学者ルイ・ドロにより提唱されたもの。彼は次のように述べている。「生物はたとえ以前存在したときと同じ存在条件におかれていても以前の状態にきっかりと戻ることはない。...通ってきた中間の段階の痕跡をいくらか常に保つ。

フィンブリン(fimbrin)またはプラスチン1(plastin 1)とは、ヒトのPLS1遺伝子にコードされているタンパク質である。フィンブリンは、糸状仮足の形成において重要なアクチン架橋タンパク質である。

コンビナトリアル生合成は、様々な生化学的手法による天然物誘導体の生合成を指す。コンビナトリアル・バイオシンセシスとも言われる。

過去の5項目:細胞溶解素,病原性遺伝子島,蝿蛆症,過変態,アドヘシン

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー