DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -9/21:オリエンティア・ツツガムシ -9/9:ムシゲル -9/2:ジョン・マドックス賞(要出典) -9/1:表情フィードバック仮説,インデル -8/30:セレンテラジン -8/28:ダーシー・トムソン -8/22:ホルボールエステル,脳の10パーセント神話,王立協会フェロー -8/20:シクラミド,シアノペプトリン,ミクロビリジン,テプロチド,ウベニメクス,アンチパイン,テプロチド -8/16:トリプトン,カザミノ酸,オリゴペプチド,ヤンゴニン,デスメトキシヤンゴニン,ジヒドロメチスチシン,メチスチシン,ピペルメチスチン,カバイン,ジヒドロカバイン,ゲルミシジン,アンサマイシン,ヘラゼパム,アシビシン,ビニルビタール,ビンカミン,アポルフィン,プカテイン,5-メトキシ-N,N-ジメチルトリプタミン,テクチン,ナンテニン -8/15:トリプチケースソイ寒天培地,ハプログループU (mtDNA) -8/14:ブルトン型チロシンキナーゼ,フォーゲスプロスカウエル試験 -8/13:乳糖持続症,アデルフォガミー(スタブ) -8/4:システム免疫学 -8/3:生体鉱物 -8/2:百人おどし,ウィリアム・ハンター (医学者) -8/1:RRM2B,チャールズ・ベル (医学者) -7/23:GAL4/UASシステム -7/22:ダンバー数,アミンN-メチル基転移酵素 -7/18:片害共生* -7/8:電位依存性陰イオンチャネル,膜電位イメージング,フィリッパ・マラック -7/4:プロラクチノーマ -7/2:卵黄素 -6/29:AMPデアミナーゼ,IMPシクロヒドロラーゼ,アデニロコハク酸シンターゼ -6/24:移動運動 -6/5:‎磁気生理学 -5/21:血液神経関門 -5/17:フマル酸レダクターゼ,フマル酸レダクターゼ (キノール),フマル酸レダクターゼ (補酵素M/補酵素B),BioRxiv,双方向性シナプス -5/16:テントキシン,強膜輪 -5/15:三好規之,電子伝達フラビンタンパク質,硫化物キノンレダクターゼ -5/14:新川詔夫 -5/12:D-乳酸デヒドロゲナーゼ (キノン) -5/11:シトクロムb -5/10:イェンス・ヴィルケン・ホルネマン -5/7:ジョン・マネー,白色点,山川民夫 -5/5:オロフ・セルシウス -5/4:1番染色体 (ヒト) -5/3:走査型SQUID顕微鏡,皮膚ガス -4/10:アポプラスト -3/30:内生生物 -3/20:土壌呼吸 -3/12:組織工学 -3/6:フリードリヒ・ブルダッハ,枝切り酵素 -2/28:ハプログループM7 (mtDNA) -2/20:組織工学 -2/16:‎小趾球,小指球筋 ,小指球 -2/12:ハプログループBT (Y染色体),ダーウィンの日 -2/9:DIYバイオバイオパンク -2/7:器官培養 -2/5:ハツナ・ゴガラゼ -2/4:ジョージ・ナトール -2/1:3色型色覚 -1/29:味覚センサ臭気センサFETバイオセンサ生体電位 -1/25:フレーリッヒ仮説生体電磁気 -1/24:生体磁気 -2017/1/15:遺伝率 -12/30:刺激性,マリア・グーゲルベルク・フォン・モース -12/29:ジョージ・ワット (植物学者) -12/28:オルガノイド,ウィリアム・ライト (植物学者) -12/26:エディス・レベッカ・ソーンダース -12/25:ヨーゼフ・フランツ・フライン,徳澤佳美 -12/24:フィリップ・ファーリー・フィソン -12/23:ニュートンの円盤 -12/21:マーティン・ホールドゲイト,柚崎通介,ジャン=バティスト・レシェノー・ド・ラ・トゥール -12/20:フェリックス・メニル -12/18:浅野清 (古生物学者) -12/17:フレデリック・アーネスト・ワイス -12/16:ピエール・ダンセリュー -12/14:パウル・クンマー -12/12:ヨゼフ・パチョスキ -12/11:シャルル・フラオー -12/10:エドワード・ヒッチコック -12/9:ヴィンチェンツォ・ブリガンティ -12/8:カール・エドゥアルト・アイヒヴァルト -12/6:近藤正二,アンナ・ラッセル (植物学者) -12/3:機能ゲノミクス, 住木諭介 -12/2:ウィリアム・トーマス・スターン -12/1:マリー・ルイ・ジョルジュ・コロン -11/28:#進化発生生物学,エフゲニア・ポベディモーヴァ -11/27:オットー・シュバルツ,照明植生 -11/26:ジョン・トーマス・アービン・ボスウェル=サイム -11/24:ゲオルク・ツェンカー -11/23:パウル・フリードリヒ・アウグスト・アシェルソン -11/21:ルードヴィヒ・ライヒハルト -11/20:ウォルター・ウェイド (植物学者),八木繁一 -11/19:アラン・オクタヴィアン・ヒューム,海洋生態系,フレデリック・ハミルトン・デイビー -11/16:デービッド・ライアル -11/14:トーマス・ホップカーク -11/12:フランソワ・ガニュパン -11/11:ジョン・フレミング (博物学者) -11/10:ジョージ・ローソン -11/8:節 (分類学),シュミット指数,ジョン・マコーネル・ブラック -11/7:リポトロピン -11/6:コンスタンティン・フォン・エティングスハウゼン,瀧川修,エイヴン・ネルソン,脂肪分解,半陰茎 -11/4:バイオアセンブラ,富澤純一 -11/3:小野俊一,ジュゼッペ・ガブリエル・バルサモ=クリヴェリ -11/2:マルティーノ・アンツィ -11/1:テオフィル・アレクシス・デュラン


ログ: 2016年,2015年,2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

根圏細菌(こんけんさいきん、Rhizobacteria)とは、根圏に生息し、多くの植物と共生関係を結ぶ細菌である。根圏細菌の英語名のRhizobacteriaはギリシャ語の根(rhiza)に由来する。

ゲノム編集:genome editing)とは、部位特異的なヌクレアーゼを利用して、思い通りに標的遺伝子を改変する技術である。ヌクレアーゼとしては、2005年以降に開発・発見された、ZFN(ズィーエフエヌ、または、ジンクフィンガーヌクレアーゼ)、TALEN(タレン)、CRISPR/Cas9(クリスパー・キャスナイン)を中心としている。従来の遺伝子工学遺伝子治療と比較して、非常に応用範囲が広い。

担根体 rhizophoreとは、根にも茎にも似た植物の部分。シダ植物イワヒバ属などに見られる。茎から出て下に伸び、そこから根を生じる。根持体とも呼ばれ、小葉類に独特のものとされる。その素性については根、あるいは茎と見る説、両者の中間と見る説、独立の存在とする説などがある。 ただし担根体という語は、ヤマノイモ科の植物の地下茎ヒルギ科の植物の胎生種子の根に対して用いられることもある。

過去の5項目:植物細胞,ロバート・エバンス・スナッドグラス,エドバルド・モーセル,ジョン・オキーフ,生存曲線

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 真正細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー