メインメニューを開く
DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -11/10:テルモトガ・マリティマ,ハイグロマイシンB -11/9:Category:キュウリ属,エロツズマブ -11/8::Category:神経生理学,Category:神経生理学者,北海道大学低温科学研究所 -11/6:脱分化,ジャングル (森林の型),周シ (生化学者) -11/4:Category:コロナウイルス,浸透圧調節,アブディティバクテリウム門,小林快次 -11/3:尾節,服部勉 -11/2:スギ花粉米 -11/1:真保一輔,保存配列 -10/31:Category:細胞内受容体 -10/28:東京医科歯科大学難治疾患研究所,コンセンサス配列,テレザ・イマニシ=カリ -10/28:東京医科歯科大学難治疾患研究所,コンセンサス配列,テレザ・イマニシ=カリ -10/27:カルパイン(リダイレクトからの独立),アンドリュー・ベンソン -10/25:福羽発三,RecA,生痕化石タクソン,福羽恩蔵,前田巳之助,ダグラス・プラッシャー -10/24:コウモリ由来のウイルス,Category:コウモリ由来のウイルス -10/20:塩基性ヘリックスループヘリックス -10/19:アデニリル化 -10/18:岸野洋久 -10/17:田中啓二 (生物学者),環境制御型走査電子顕微鏡,デヴィッド・ドルフィン -10/16:Category:チャールズ・ダーウィン -10/15:坂口健二,バテュ古細菌,宇賀田為吉 -10/14:IRES,Category:アメーバ赤痢 -10/13:ロバート・ギャロ,キモトリプシノーゲン -10/12:横浜康継 -10/11:長谷川政美 -10/10:NEAT1,青山潤三 -10/9:Spike-triggered average,小山重郎,高家博成 -10/8:宇尾淳子 -10/7:石井象二郎,バイオフォトニクス -10/6:門前の大岩,Category:ウミサソリ目,クレアチナーゼ,モエシン,エズリン,ラディキシン,ERMファミリー -10/5:平山令明,Category:生気論,ヘパトゾーン,Category:生気論者,東山洪積世植物遺体包含層,Category:機械論,細菌の翻訳 -10/4:松原謙一,Category:生物学の未解決問題,フランシス・アーノルド,Category:原因不明の病気,Category:神経科学の未解決問題 -10/3:グレゴリー・ウィンター -10/2:リゾビウム目,ロドスピリルム目,ゲンマティモナス門 -10/1:メライナバクテリア


ログ: 2018年,2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

進化生物学において、保存配列 (conserved sequence) とは、種間にまたがって、もしくはゲノム中に存在する、類似した、もしくは同一の核酸DNARNA)・タンパク質配列のことである。種間で保存されている配列をオルソログ(オーソログ)配列、ゲノム中で保存されている複数の配列をパラログ配列と呼ぶ。保存性は、その配列が自然選択の過程で維持されてきたことを意味する。

カルパイン (calpain, EC 3.4.22.52, EC 3.4.22.53)とは、カルシウム依存的非リソソームシステインプロテアーゼファミリーに属するタンパク質であり、哺乳類や他の多くの生物種で普遍的に発現している。カルパインはMEROPSデータベースにおいて clan CA の family C2 を構成する。カルパインのタンパク質分解システムはカルパインプロテアーゼ、調節サブユニットCAPNS(CAPN4)、そして内在性のカルパイン特異的阻害因子であるカルパスタチンによって構成される。

アンドリュー・アルム・ベンソンAndrew Alm Benson1917年9月24日 - 2015年1月16日)は、アメリカ合衆国生物学者である。植物の炭素循環の研究で知られている。

過去の5項目:RecA,IRES,バイオフォトニクス,ERMファミリー,細菌の翻訳]

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー