メインメニューを開く
DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -11/9:伊藤建夫,ロンコサウリア,Ran (タンパク質) -11/8:バガケラトプス科,最適採餌理論 -11/7:久慈琥珀博物館,セドヘプツロース-1,7-ビスリン酸,セドヘプツロース-1,7-ビスホスファターゼ,アレトペルタ -11/6::グアリコ -11/5:グリフォケラトプス,ジェラルド・リーヴン,ラングール -11/4:イワネコノメソウ,TMPRSS2 -11/3:クレトラムナ,バリリウム,スコロサウルス -11/2:襲速紀要素,チシマネコノメソウ,オオチャイロハナムグリ,ポリポジウム -11/1:データ不足 (レッドリスト) -10/30:イワレンゲ -10/29:アイギアロサウルス,オペティオサウルス,ヒト下垂体性性腺刺激ホルモン,ハロウィーン遺伝子 -10/28:モアナサウルス,プレクチン -10/27:アエロモナス科,ルーシー・シャピロ,Category:発生生物学者,虫の音,ミミコウモリ,ディコトモクラディウム -10/26:エンテロコッカス・ファエカリス,COPI,フォルティフォルケプス,COPII,ホログラフィック顕微鏡,アクラシス科 -10/25:Category:ノルウェーの動物学者,GLP-2,ミヤマキタアザミ -10/24:エレミアサウルス,ダラサウルス,アンナ・ウェッセルズ・ウィリアムズ,サマルダラ -10/23:グロビデンス,イグダマノサウルス,カリノデンス,グロビデンス族,ニッコウコウモリ,モササウルス族 -10:22:テトラジェノコッカス属,酵素誘導剤,ゴロニオサウルス,フクロツルタケ,ツガルコウモリ,Category:生態学の理論 -10:21:Category:理論生態学,ロイコノストック科,プレシオティロサウルス,カルノバクテリウム科 -10/20:CBL (遺伝子),シグナル認識粒子,HFSP中曽根賞,藤永元作 -10/19:後期促進複合体,ハンス・クレヴァース,裂頭条虫科,BiP (タンパク質) -10/18:杉浦克己 (栄養学者),アコニターゼ,多機能酵素,コハク酸CoAリガーゼ -10/17:鈴木宏和 -10/16:日本古生物学会,*セルリア,イタモジホコリ,テルモミクロビウム綱 -10/15:Category:生体工学,Category:生物学の概念,Category:生物学の法則,Category:生物学の仮説,須甲鉄也,可溶性グアニル酸シクラーゼ,Category:保全生物学,Category:生息域の種類,Category:生息域別の植物,Category:熱帯雨林,イスラトラビル,Category:各世紀の動物学者,核酸の三次構造 -10/14:スクルンベルゲラ・オルッシキアナ,Category:化学生態学,Category:時間生物学,Category:時間生物学者,Category:分野別の生物学者,Category:恒常性,Category:医用生体工学,Category:医用生体工学者,Category:各世紀の生物学者 -10/13:ジョーン・ビーチャム・プロクター,シュードモナス目,チオペプチド -10/12:アルスロバクター属,ラクトシリン,化学浸透,Holocrine,メアリー=クレア・キング -10/11:小西卓哉,ルリマツリ,ルリマツリ属,ホモバニリン酸,Category:行動生態学 -10/10:Category:生態学の分野,Category:医学系の日本の研究所,飛節,マーカミア・ルテア -10/9:菱脳,Category:動物学の分野 -10/8:*吉田丈人,イワテヤマトウヒレン,Category:ヘビの解剖学,Category:爬虫両生類学,Category:プランクトン学 -10/7:ヒノキゴケ目 -10/6:Category:古生物学史-10/5:クロトウヒレン,米国科学アカデミー賞分子生物学部門,野鳥の一覧の一覧,Category:珍無腸動物,Category:生物学の学部・学科 -10/4:ハベリア -10/3:DNAナノテクノロジー,プチコドゥス -10/2:リオドン,エオナタトル,ボララス・ブリジッタエ,サドヒゴタイ,タマゴグモ科,ヒメヒゴタイ -10/1:近藤典生,放線菌科,パンノニアサウルス


ログ:2019年 2018年,2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

ヘキスト染色: Hoechst stain)は、DNA染色するための手法である。染色に用いられるヘキスト色素は、青色蛍光色素のファミリーの一部である。これらのビスベンズイミド英語版類は元々ヘキスト社によって開発され、開発順に番号が付けられている。

多糸染色体 (polytene chromosome) は、数千のDNA鎖を含む巨大な染色体である。 エドゥアール=ジェラール・バルビアーニ英語版によって1881年に初めて報告された。多糸染色体はハエ目に見つかり、最もよく知られているのはショウジョウバエ属 (Drosophila)、ユスリカ属 (Chironomus)、クロバネキノコバエ科Rhynchosciara属のものである。

GSK-3 (glycogen synthase kinase 3) は、セリンスレオニンアミノ酸残基へのリン酸分子の付加を媒介するセリン/スレオニンプロテインキナーゼである。グリコーゲンシンターゼキナーゼ-3グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3などとも呼ばれる。

過去の5項目:核ラミナ,NEDD4,第VIII因子,ユビキチンリガーゼ,ヘモゾイン

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー