DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | PetScan ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -9/19:恥骨直腸筋,ヒトの歯,イトキンポウゲ,NLRP3,ボディファーム,視床下部-下垂体-性腺軸 -9/18:インターロイキン-18,Category:イネ学者,オノエリンドウ,体表面積,ブリナツモマブ,生体異物,サイクロバクター・シバリウス,チスイコウモリ亜科,ヘラサギ属,チチブリンドウ,ウニザルガイ,モラクセラ・イクイ,ペーター・ヘーゲマン,シグナル伝達兼転写活性化因子3,ヒエンクラート -9/17:炎症性メディエーター,Category:植物生態学者,Category:各国の生態学者,Category:植物生態学者,Category:各国の生態学者,Category:スイセン属,Category:ヒガンバナ属,ツマジロウラジャノメ,モラクセラ・カニス,プロゲスチン -9/16:Category:ラディオドンタ類,チャイニーズハムスター卵巣細胞,ロミプロスチム,モラクセラ・ボービス,モラクセラ・ボーボクリ,サイクロバクター・セレー,トビモンオオエダシャク,Category:日本の藻類学者 -9/15:硫酸抱合,エチニルエストラジオール,精子の運動性,Category:バニラ,ジェシー・スティーヴンソン・コヴァレンコ・メダル,メスクロキアゲハ,ロズロリムパブ -9/14:フルタミド,ヒナノウスツボ,INK4 -9/13:ジヌツキシマブ,クロスジギンヤンマ,インスリン様成長因子結合タンパク質3 -9/12:サイクロバクター・アレノサス,オセアニモナス属,インフラマソーム,オセアニスファエラ属,SARSコロナウイルス2-イータ株,アセメタシン,ソデボラ科,ティタノコリス,シクロバルビタール,イネの交配系譜,セフェム -9/11:FAK,サイクロバクター・アデリエンシス,サイクロバクター・インモビリス,サイクロバクター・アエスツアリイ,サイクロバクター・アークティカス,ゴセレリン,サイクロバクター・アリメンタリウス,サイクロバクター・アクアティカス,サイクロバクター・アクイマリス,コフキトンボ -9/10:ベニモンスカシジャノメ -9/9:コヒョウモンモドキ,スジグロチャバネセセリ,タカネキマダラセセリ,アルカニンディゲス・イリノイセンシス,ペルルシジバカ・アクアティカ,マルバトウキ,アゾリゾフィルス・パスパリ,ジャネット・ラウリー,コサナエ,アオサナエ -9/8:ウルグベグサウルス,田中康平 (古生物学者),カルディオバクテリウム科,アルカニンディゲス・ホンコンゲンシス,タキアン -9/7:ワモンチョウ,Sf9 (細胞),アゾリゾフィルス属,キイロクシケアリ,タイリクコムラサキ,IRS2,IRS4,インスリン受容体基質 -9/6:ベルイシグアト,顔寧,アルテロモナス目,ブランハメラ属,荘小威 -9/5:ファウシコラ属,パラペルシジバカ属,ペルルシジバカ属,アリノスシジミ,EZH1,鉱質コルチコイド受容体,Gβγ複合体,パール・マイスター・グリーンガード賞,プロテアーゼ活性化受容体3,プロテアーゼ活性化受容体4,トロンビン受容体,アルテロモナス科 -9/4:インテグリン結合キナーゼ,プロピベリン,自己分泌,アクイセラ属,成長ホルモン受容体,アギトコッカス属,フレッド・ゲージ,シグナル伝達兼転写活性化因子5B,ベニモンマダラ,アルカニンディゲス属 -9/3:芳香族炭化水素受容体核内輸送体,レジオネラ目,フラチオカルブ,アドニスヒメシジミ,ゴウザンゴマシジミ,SARSコロナウイルス2-ミュー株,ヴェガヴィス,*ベッコウバチ -9/2:李惟美,アイザメ,Category:韓国の植物学者,シャンカー・バラスブラマニアン,流用 (生物学),Category:カイコガ科 -9/1:セルビブリオ属,アイオイクラゲ,セルビブリオ科,アヴィヴ・レゲフ,陰核提靭帯,拘束 (生物学)


ログ:2021年 2020年 2019年 2018年,2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

ヘキスト染色: Hoechst stain)は、DNA染色するための手法である。染色に用いられるヘキスト色素は、青色蛍光色素のファミリーの一部である。これらのビスベンズイミド英語版類は元々ヘキスト社によって開発され、開発順に番号が付けられている。

多糸染色体 (polytene chromosome) は、数千のDNA鎖を含む巨大な染色体である。 エドゥアール=ジェラール・バルビアーニ英語版によって1881年に初めて報告された。多糸染色体はハエ目に見つかり、最もよく知られているのはショウジョウバエ属 (Drosophila)、ユスリカ属 (Chironomus)、クロバネキノコバエ科Rhynchosciara属のものである。

GSK-3 (glycogen synthase kinase 3) は、セリンスレオニンアミノ酸残基へのリン酸分子の付加を媒介するセリン/スレオニンプロテインキナーゼである。グリコーゲンシンターゼキナーゼ-3グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3などとも呼ばれる。

過去の5項目:核ラミナ,NEDD4,第VIII因子,ユビキチンリガーゼ,ヘモゾイン

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー