メインメニューを開く

Portal:生物学

DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -1/19:牧野佐二郎 -1/17:クモマベニヒカゲ -1/16:挿入配列,キャラウェイタイム -1/15:本川弘一,ヤマサギソウ -1/14:ミヤマムラサキ -1/13:品種 (分類学) -1/11:ハグマノキ -1/10:アカモンガラ,スルファメラジン -1/9:キンコウジ,シロマジン -1/8:イソモンガラ -1/7:ウィリアム・ベイト・ハーディ賞,イワボタン,稲葉カヨ,シロバナネコノメソウ,グルタミンシンテターゼ -1/6:ムカゴネコノメソウ -1/5:Category:スピロヘータ門,Category:腸内細菌科,ブラキヒオプス -1/4:ゴニスティルス属,Category:インフルエンザウイルス,Category:リケッチア,Category:動物のインフルエンザ -1/3:ホクリクネコノメ -1/2:ハナミョウガ,ツルネコノメソウ,ヒゲイノシシ,コガネネコノメソウ,生体適合性,人の移動の歴史 -1/1:リュウキュウキッカサンゴ,崎谷満 -12/31:藻谷亮介,酢酸レチノール,パルミチン酸レチノール -12/30:ヤマガタダイカイギュウ,ヒダボタン,クロタマゴテングタケ,ヤブノウサギ,魚竜上目,パルヴィペルヴィア類,トゥンノサウルス類,ミクソサウルス下目 -12/28:土橋豊,Category:応用微生物学,Category:バイオレメディエーション,Category:ファイトレメディエーション植物,ボタンネコノメソウ,フシジン酸 -12/27:胚発生における極性,ミツノエンマコガネ,Category:応用遺伝学 -12/26:PIVKA-II -12/25:タカサゴイチビ -12/24:矢原徹一,シャスタサウルス -12/23:マクロプテリギウス,ハウフィオプテリクス,疑問名,占部城太郎,GTPアーゼ活性化タンパク質,ナナンティウス -12/22:関口晃一,岩波洋造,タキミチャルメルソウ -12/21:Category:骨盤,パラオフタルモサウルス,Category:直腸,チャルメルソウ -12/20:ガラクトース結合性レクチンドメイン,ガンキリン,ケイルハウイア,ナノプテリギウス,フイリアブチロン,ターミネーター (遺伝学) -12/19:マルーラ -12/18:Category:神経動物行動学,鷲谷いづみ,Category:動物の認知 -12/17:Category:視床下部,Category:中枢神経系,Category:行動神経科学,アカカマス,豊島近 -12/16:Category:人間のホルモン,Category:妊娠女性のホルモン,Category:ピコルナウイルス科,Category:フィロウイルス科,EF-G,Category:アレナウイルス科,Category:トガウイルス科,Category:神経内分泌学 -12/15:ヒトメタニューモウイルス,EF-Tu,ウイルス学の歴史 -12/14:岡島錦也,Category:プロゲストーゲン -12/13:プロスパー・ルーカス,長野泰一,Category:生物学における性差,Category:テストステロン,石井恵子,Category:ステロイドホルモン,Category:副腎皮質ホルモン,Category:ミネラロコルチコイド -12/11:メトロシデロス・エクスケルサ,ヤヌサウルス,シャジクソウ -12/10:エドウィン・サザン,走査型顕微鏡,ジェンガサウルス -12/9:鈴木文助,クリオプテリギウス,パルベンニア,イヌゴマ属,イヌゴマ,レニニア -12/8:同位体顕微鏡 -12/7:ムイスカサウルス -12/6:コウホネ属 -12/5:井本敬二,漸深層,ペルヴショヴィサウルス,凍結解凍覚醒法,システロニア -12/4:グレンデリウス,メハジキ属,アメリカビーバー -12/3:ウンドロサウルス,シンビリスキャサウルス -12/2:カンムリクマタカ,ナイリクタイパン,アフリカミツバチ,オニカマス,イボウミヘビ,ハウチワノキ -12/1:アサバスカサウルス,カイプリサウルス,マイアスポンディルス,キセワタ,スヴェルトネクテス,クニクリプラズマ・ディウルガトゥム


ログ: 2018年,2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

ゴニスティルス属(ゴニスティルスぞく; 学名: Gonystylus)とは、ジンチョウゲ科の一つである。分類によってはゴニスティルス科(Gonystylaceaeとも)とされることもある。

ブラキヒオプス学名:Brachyhyops)は、新生代古第三紀始新世北アメリカ西部およびアジア南東部(モンゴル中華人民共和国カザフスタン)に生息していた、鯨偶蹄目エンテロドン科の絶滅した属。

グルタミンシンテターゼまたはグルタミン合成酵素 (グルタミンごうせいこうそ、Glutamine synthetase、GSEC 6.3.1.2は、窒素代謝に必須の役割を果たす酵素で、グルタミン酸アンモニア縮合によってグルタミンを合成する反応を触媒する。

過去の5項目:GTPアーゼ活性化タンパク質,タキミチャルメルソウ,チャルメルソウ,EF-G,ウイルス学の歴史

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー