DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -1/12:電気化学的勾配 -1/11:ジュリオ・ビッツォゼロフォスター植物園 -1/10:トリガタハンショウヅル,夏緑林,雨緑林 -1/9:DNAアデニンメチルトランスフェラーゼ -1/8:チャボヒゲシバ,大沢岳太郎,アキギリ,サリルマブ,グレン・T・シーボーグ・メダル,ウズラタマキビ -1/7:EZH2,久米又三,オウギカズラ,Category:リザリア -1/6:腹脚,アポリポプロテインE -1/4:ポリソーム,LGG乳酸菌 -1/3:ヒゼンダニ,パンファギア,*セレノネイン,ヒトリガ科 -1/2:ウイルスの紹介,セプチン,エルゴチオネイン -1/1:ヘレナ・スパロウ,eIF4E -12/31:U4 snRNA,U5 snRNA,U6 snRNA,Category:ウイルスのライフサイクル,クロドクシボグモ,Kaguya,ティアレ・タヒチ,ヒメスズムシソウ -12/30:ウイルス侵入,ウイルス複製,ウイルス潜伏,ウイルス排出 -12/29:オーストラリアタマキビ,*Category:生物に関する呼称問題,ウイルスのライフサイクル -12/28:スジキリヨトウ,久堀徹,U2 snRNA,アズマレイジンソウ,フィリップ・J・カリー -12/27:魚の鱗,イヌカタヒバ,U1 snRNA,洞角,志村令郎,ポリコーム群タンパク質,Category:トガリネズミ科,セパラーゼ,テリタマキビ,濱田博喜,クロカタゾウムシ -12/26:セキュリン -12/25:クレナルカエオール -12/24:アクチラムス,ユモトゴキブリ -12/23:伊庭靖弘,ヤガ上科 -12/22:佐々木喜美子,オウゴンフウチョウモドキ,BTRC (遺伝子) -12/21:ザラゴジン酸,紡錘体チェックポイント,枝角,P-TEFb,フジカンゾウ -12/20:ストレプトカエタ属,NXF1,考古遺伝学,ポロ様キナーゼ,古代DNA,進化言語学,ツノホコリ類 -12/19:クビレバイ,TOP1, -12/18:2A自己切断ペプチド,ミネカエデ,Category:青酸配糖体,ダイオウウミサソリ科 -12/17:ヌクレオシド修飾メッセンジャーRNA,ツケアゲエソ -12/16:川尻秀樹,パレオパントプス,モスタファ・エル=サイエド -12/15:ウイルスベクター,Category:イングランドの生理学者,Category:電気生理学者,Category:イングランドの神経科学者,:Category:イングランドの解剖学者,Category:イングランドの古生物学者,Category:イングランドの哺乳類学者,Category:イングランドの優生学者,Category:イギリスの優生学者,オオカマス,宮下保司,イワギボウシ -12/14:Category:イングランドの分子生物学者,Category:イングランドの生物物理学者,斎藤通紀,堀田一雄 -12/13:Category:ウェールズの生物学者,Category:イングランドの遺伝学者,Category:イングランドの生化学者,RBM10,オオオビハシカイツブリ,テナガザル白血病ウイルス,パレオカリヌス,複製前複合体 -12/12:Category:システム生物学者,Category:スコットランドの生物学者,Category:非ダーウィン進化論,Category:日本のバイオインフォマティクス研究者,Category:20世紀カナダの生物学者,Category:21世紀カナダの生物学者,Category:ヒトゲノム計画の科学者,Category:構造生物学者,Category:構造生物学,Category:20世紀フランスの生物学者,Category:21世紀フランスの生物学者,Category:計算生物学者,Category:イギリスのバイオインフォマティクス研究者,Category:イスラエルのバイオインフォマティクス研究者,ナツメモドキ,ウォルデマール・ハフキン -12/11:Category:バイオインフォマティクス研究者,Category:女性進化生物学者,Category:女性生態学者,Category:女性生理学者,Category:理論生物学者 -12/10:下層板,フォーゲルコップカタカケフウチョウ -12/9:カタカケフウチョウ,バイオンテック,スー・サベージ=ランボー -12/8:ハナタデ,ヤーキッシュ -12/6:神谷信夫,沈建仁,天然状態 -12/5:Category:植物育種,機能注釈精密評価,深部クロロフィル極大,ヒストンH3,グローバル距離テスト,スパイクタンパク質,ジェミニン -12/4:AlphaFold,異数性,タンパク質構造予測精密評価 -12/2:須見洋行 -12/1:宮村定男,ミヤマタニソバ


ログ:2020年 2019年 2018年,2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

ヘキスト染色: Hoechst stain)は、DNA染色するための手法である。染色に用いられるヘキスト色素は、青色蛍光色素のファミリーの一部である。これらのビスベンズイミド英語版類は元々ヘキスト社によって開発され、開発順に番号が付けられている。

多糸染色体 (polytene chromosome) は、数千のDNA鎖を含む巨大な染色体である。 エドゥアール=ジェラール・バルビアーニ英語版によって1881年に初めて報告された。多糸染色体はハエ目に見つかり、最もよく知られているのはショウジョウバエ属 (Drosophila)、ユスリカ属 (Chironomus)、クロバネキノコバエ科Rhynchosciara属のものである。

GSK-3 (glycogen synthase kinase 3) は、セリンスレオニンアミノ酸残基へのリン酸分子の付加を媒介するセリン/スレオニンプロテインキナーゼである。グリコーゲンシンターゼキナーゼ-3グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3などとも呼ばれる。

過去の5項目:核ラミナ,NEDD4,第VIII因子,ユビキチンリガーゼ,ヘモゾイン

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー