ドナルド2世 (スコットランド王)

スコットランドドナルド2世英語化Anglicization)された名称)、本名Domnall mac Causantínスコットランド・ゲール語Dòmhnall mac Chòiseim(IPA:[ˈt̪oːvnəɫ̪ˈmaʰkˈxoːʃɪm]))[1]は、9世紀後半にピクト人の王またはアルバ王であった人物。ピクト王コンスタンティン1世(Causantín mac Cináeda)の息子であり、中期アイルランド語の詩『The Prophecy of Berchán』において「Dásachtach(=狂人)」という諡号を与えられている[2]

ドナルド2世
Donald II

在位期間
889年 - 900年
先代 ギリックen:Giric
次代 コンスタンティン2世Constantine II

死亡 900年
フォレスen:Forres)もしくはドゥノターen:Dunnottar
埋葬 アイオナ島
王室 アルピン朝
父親 ピクト王コンスタンティン1世Constantín mac Cináeda
子女
アルバ王マルカム1世Malcolm I
テンプレートを表示

生涯編集

ドナルドは先代のギリック(Giric mac Dúngail)の死または退位により王となった。その即位の時期は定かではないが、通常889年とされている。『アルバ王年代記(The Chronicle of the Kings of Alba)』にはこのようにある。

Doniualdus son of Constantini held the kingdom for 11 years [889–900]. The Northmen wasted Pictland at this time. In his reign a battle occurred between Danes and Scots at Innisibsolian where the Scots had victory. He was killed at Opidum Fother [modern Dunnottar] by the Gentiles.[3]

以下が和訳例。

コンスタンティンの息子ドニウアルドゥスは889年から900年の11年間王国を維持した。この頃、北方民族(ノース人)はピクトランドを荒廃させた。その治世の間に、イニシブソリアンでデンマーク人とスコットランド人の戦いが起こり、スコットランド人が勝利した。彼はオピドゥム・フォザー(現在のドゥノターen:Dunnottar))で異教徒たちによって殺害された。

ドゥノター(Dunnottar)での襲撃は、少数の海賊による小規模な襲撃ではなく、『ヘイムスクリングラ』の中でハラルド・フェアヘアー(ノルウェーハーラル1世)が行ったとされるスコットランドでの略奪に関連したものである可能性が指摘されている[4]。『The Prophecy of Berchán』においてはドナルドがドゥノターで死したとされているが、それは北欧人ではなくゲール人の仕業とされているようで、フォレスForres)で死んだとする史料もある[5]。ドナルドの死は『アルスター年代記Annals of Ulster)』と『クロニコン・スコットラムChronicon Scotorum)』によって900年のこととされているが、そこではピクト王ではなくアルバ王とされている。いずれにせよ、父であるコンスタンティンと同様若くして殺害され、死後はアイオナ島に埋葬されたのである。

ピクト王からアルバ王への変化は、スコットランド人による王国成立への一歩を示すものと考えられているが、歴史家の中でもこの変化がいつであったかの位置づけについては、意見が分かれており、「狂人」とのドナルドの諡号からして、一般にドナルドのものとされることはない[6]。大きな変化はコンスタンティン2世(Causantín mac Áeda)の治世に起こったというのが一致した見解である[7]が、ギリックの治世であるという説もある[8]

『アルバ王年代記(The Chronicle of the Kings of Alba)』では、ドナルドは従兄弟のコンスタンティン2世に継承されている。ドナルドの息子マルカム(Máel Coluim mac Domnall)は後にマルカム1世として王になった。『The Prophecy of Berchán』では、ドナルド2世とコンスタンティン2世の間に「半日主権を握るだろう」と別の王が短期間に君臨したことを示していると見られる。この裏付けと見られるものとして、『クロニコン・スコトルム』には、904年に「ピクト王イード(Ead)」が「Uí Ímair」との戦いで死亡したとされている。しかし、これは誤りであり、おそらくバーニシアの支配者アドゥヴルフ(Ædwulf I of Bernicia)のことであろうと考えられており、その死は他のアイルランドの年代記Irish annals)では913年であったと報告されている[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Domnall mac Causantín is the Mediaeval Gaelic form.
  2. ^ ESSH, p. 358; Kelly, Early Irish Law, pp. 92–93 & 308: "The dásachtach is the person with manic symptoms who is liable to behave in a violent and destructive manner." The dásachtach is not responsible for his actions. The same word is used of enraged cattle.
  3. ^ ESSH, pp. 395–397.
  4. ^ ESSH, p 396, note 1 & p. 392, quoting St Olaf's Saga, c. 96.
  5. ^ ESSH, pp. 395–398.
  6. ^ Smyth, pp. 217–218, disagrees.
  7. ^ Thus Broun and Woolf, among others.
  8. ^ Duncan, pp.14–15.
  9. ^ ESSH, p. 304, note 8; however, the Annals of Ulster, s.a. 904, report the death of Ímar ua Ímair (Ivar grandson of Ivar) in Fortriu in 904, making it possible that Ead (Áed ?) was a king, if not the High King.

参考文献編集

  • Anderson, Alan Orr, Early Sources of Scottish History A.D 500–1286, volume 1. Reprinted with corrections. Stamford: Paul Watkins, 1990. 1-871615-03-8
  • Anderson, Marjorie Ogilvie, Kings and Kingship in Early Scotland. Edinburgh: Scottish Academic Press, revised edition 1980. 0-7011-1604-8
  • Broun, Dauvit, "National identity: 1: early medieval and the formation of Alba" in Michael Lynch (ed.) The Oxford Companion to Scottish History. Oxford UP, Oxford, 2001. 0-19-211696-7
  • Duncan, A. A. M., The Kingship of the Scots 842–1292: Succession and Independence., Edinburgh: Edinburgh University Press, 2002. 0-7486-1626-8
  • Kelly, Fergus (1988). A Guide to Early Irish Law. Early Irish Law Series 3. Dublin: DIAS. ISBN 0901282952
  • Smyth, Alfred P., Warlords and Holy Men: Scotland AD 80-1000. Reprinted, Edinburgh: Edinburgh UP, 1998. 0-7486-0100-7
  • Sturluson, Snorri, Heimskringla: History of the Kings of Norway, tr. Lee M. Hollander. Reprinted University of Texas Press, Austin, 1992. 0-292-73061-6
  • Woolf, Alex, "Constantine II" in Michael Lynch (ed.) op. cit.

関連項目編集

外部リンク編集

  • CELT:コーク大学コーク校の電子テキストコーパスには、アルスター年代記、タイガーネック年代記、フォーマスターズアンドイニスフォールン、クロニコンスコトルム、ブリテンのドゥアンアルバナッハを含む)、聖人伝、さまざまな聖人伝が含まれている。ほとんどが英訳されているか、翻訳が進行中である。
  • アルバ王年代記 - CKA