ドロテア・シャルロッテ・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ

ドロテア・シャルロッテ・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハDorothea Charlotte von Brandenburg-Ansbach, 1661年11月28日 - 1705年11月15日)は、ドイツブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯家の侯女で、ヘッセン=ダルムシュタット方伯エルンスト・ルートヴィヒの最初の妻。

ドロテア・シャルロッテ・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ
Dorothea Charlotte von Brandenburg-Ansbach
Dorothea Charlotte of Brandenburg-Ansbach.jpg

出生 (1661-11-28) 1661年11月28日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Hohenzollern banner.svg アンスバッハ辺境伯領アンスバッハ
死去 (1705-11-15) 1705年11月15日(43歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ヘッセン=ダルムシュタット方伯領ダルムシュタット
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ヘッセン=ダルムシュタット方伯領、ダルムシュタット市教会
配偶者 ヘッセン=ダルムシュタット方伯エルンスト・ルートヴィヒ
子女 ドロテア・ゾフィー
ルートヴィヒ8世
カール・ヴィルヘルム
フランツ・エルンスト
フリーデリケ・シャルロッテ
家名 ホーエンツォレルン家
父親 ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯アルブレヒト
母親 ゾフィー・マルガレーテ・フォン・エッティンゲン=エッティンゲン
テンプレートを表示

生涯編集

ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯アルブレヒトとその2番目の妻でエッティンゲン=エッティンゲン伯ヨアヒム・エルンストの娘であるゾフィー・マルガレーテ(1634年 - 1664年)の間の第4子、次女として生まれた。父にとっては5番目の娘である。1687年12月1日にダルムシュタットにおいて、エルンスト・ルートヴィヒと結婚した。

ドロテア・シャルロッテは熱心な敬虔主義の信奉者であり、宗教政策の面で夫に大きな影響力を及ぼした。方伯夫人は敬虔主義の創始者フィリップ・シュペーナーの支援者として活動したため、宮廷や邦立大学の抗議を受けることになった。ドロテア・シャルロッテの死後、エルンスト・ルートヴィヒは敬虔主義に対する態度を硬化させた。方伯夫人の遺骸はダルムシュタット市教会(Stadtkirche (Darmstadt))に葬られた。

子女編集

夫との間に2男3女の5人の子女をもうけた。

  • ドロテア・ゾフィー(1689年 - 1723年) - 1710年、ホーエンローエ=エーリンゲン伯ヨハン・フリードリヒと結婚
  • ルートヴィヒ8世(1691年 - 1768年) - ヘッセン=ダルムシュタット方伯
  • カール・ヴィルヘルム(1693年 - 1707年)
  • フランツ・エルンスト(1695年 - 1717年)
  • フリーデリケ・シャルロッテ(1698年 - 1777年) - 1720年、ヘッセン=カッセル公子マクシミリアンと結婚

参考文献編集