メインメニューを開く
モーツァルト作曲『ドン・ジョヴァンニ』より、剣を携えたドン・ファン

ドン・ファン西: Don Juan[1])は、17世紀スペインの伝説上の人物。ティルソ・デ・モリーナ戯曲「セビリアの色事師と石の客」が原型。美男で好色な放蕩的な人物として多くの文学作品に描かれた。プレイボーイ、女たらしの代名詞としても使われる。[2]

なお、「ドン」はスペイン語圏等における男性の尊称である。

概要編集

元になった伝説は簡単なもので、プレイボーイの貴族ドン・ファンが、貴族の娘を誘惑し、その父親(ドン・フェルナンド)を殺した。その後、墓場でドン・フェルナンドの石像の側を通りかかったとき、戯れにその石像を宴会に招待したところ、本当に石像の姿をした幽霊として現れ、大混乱になったところで、石像に地獄に引き込まれる。

この物語は、日本語では「ドン・ファン・テノーリオ[3]」(西: Don Juan Tenorioスペイン語発音: [doɴ ˈχwan tenoɾjo] ドン・ホン・テノリヨ)としても紹介されている。

「Don Juan」は日本語では、英語風に「ドン・ファン」(: Don Juan[4])、イタリア語風に「ドン・ジョヴァンニ」(: Don Giovanni)、フランス語風に「ドン・ジュアン」(: don Juan[5][6])とも呼ばれる。

作品編集

関連作品編集

  • 『人と超人』(Man and superman)、ジョージ・バーナード・ショー - ヒロインに結婚を迫られる『革命家必携』の著者ジョン・タナーが、ドン・フアン・テノーリオに擬される。
  • オペラ座の怪人』(Le Fantome de l'Opera ) - 作中において「ドン・ファンの勝利」という演目がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ スペイン語発音: [doɴ ˈχwan] ドン・ホン(ホン/フン/フンに近い発音もみられる)
  2. ^ コトバンク - ドンファン”. 2019年7月31日閲覧。
  3. ^ ドン・ファン・テノーリオホセ・ソリーリャ著、高橋正武訳、岩波書店、1949年)
  4. ^ イギリス英語発音:[ˌdɒn ˈhwɑːn] ドン・ファーン、アメリカ英語発音:[ˌdɑːn ˈhwɑːn] ダーン・ファーン(ホーンに近い発音も見られる)
  5. ^ フランス語発音: [dɔ̃ʒɥɑ̃] ドンジュアン
  6. ^ イギリス英語発音:[ˌdɒn ˈdʒʊən] ドン・ジュアン、アメリカ英語発音:[ˌdɑːn ˈdʒʊənn] ダーン・ジュアン(ジュワンに近い発音も見られる)