メインメニューを開く

ナカムラ クニオ1971年 - )は、日本のテレビディレクター。フリーランスで美術や旅番組などのディレクターとして番組制作に携わり、これまでに訪れた国は40ヶ国以上[1]。現在はブックカフェ「6次元」の運営と、書籍や連載の執筆活動に取り組んでいる。

略歴編集

東京都目黒区生まれ。東京都立日比谷高等学校在学中より美術の活動を始める。学生時代に作品を横尾忠則に絶賛され、17歳で初個展を開く。公募展など受賞多数。また、西麻布にあった現代美術館「PICA(ペンローズ・インスティテュート)」のスタッフをしながら世界を巡り、美術書を収集、移動販売をしていた。

日本大学を卒業後、フジテレビ系の制作会社ニユーテレスに入社。ネクサスを経て独立し、フリーランスのディレクターとして「NHKワールドTV」などで国内外の旅番組を担当。「Out & About」「journeys in Japan」など、日本の文化を海外に伝える国際番組を演出した。

2008年、荻窪にブックカフェ「6次元」を設立。美術、本、旅などをキーワードにした活動を展開し、イベント型の「つなぎ場」として話題になる。村上春樹の読書会やノーベル文学賞の祝賀会、「ふなっしー」の初トークイベント、新しい作家の発掘、美術館や出版社とコラボしたトークイベントなども数多く企画している。

主な仕事編集

著書編集

連載編集

執筆編集

  • 「好きは暮らしの武器になる」-『芸術新潮』2013年4月号(新潮社)

脚注編集

外部リンク編集