ナクバブカ(Nakbabuka)とは、アフリカ大陸に住むマサイ族に古より伝わる格闘技のことである。マサイ武術とも言える。

マサイ族の人々。ルングを持っている。

マサイ族の伝統武術は、彼ら特有の遊牧生活の適応からなる伝統武術である。 彼らは平素はルングという棒切れを持ち歩き、伝説によれば、素手でライオンを叩き捕えることが日常的にあったという。

主要武器として長槍棒切れを使用する。 棒は二本の棒を使って戦う。

関連項目編集

外部リンク編集