メインメニューを開く

ナシゴレン・パタヤ(nasi goreng pattaya)またはナシパタヤとは、東南アジア英語版米料理の一種で、鶏肉入りの焼き飯薄焼き卵で包むかオムレツの中に入れたもの。パタヤタイの地名だが、名前に反して発祥地はマレーシアだと考えられており、今日ではインドネシアシンガポールでも一般的に見られる。チリソーストマトケチャップキュウリの薄切り、クルプックを添えて供することが多い[4]

ナシゴレン・パタヤ
Nasi goreng pattaya.png
ナシゴレン・パタヤ。マレーシアヌグリ・スンビラン州ニライ市で撮影。
種類 焼き飯
発祥地 マレーシア[1][2][3]
主な材料 鶏肉チリソースキュウリ
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
インドネシア風のナシゴレン・パタヤ。スマトラ島プカンバルにて。

今日この料理は東南アジア全域に広まっており、マレーシアやインドネシア、シンガポールでは焼き飯のアレンジの中でも人気がある。

インドネシアでは、薄いオムレツでナシゴレンを包んだこの種の料理はナシゴレン・アンプロップ(包み焼き飯)と呼ばれるのが一般的であるが、隣国マレーシアからの影響でナシゴレン・パタヤとも呼ばれるようになっている[5][6]

マレーシアのナシゴレンはサンバルによる辛い味付けのバリエーションが多いが[7]、ナシゴレン・パタヤは甘みのあるケチャップ味や[8][9]魚醤醤油で味付けするレシピが多い[10][11]。焼き飯を卵で包んだ上からケチャップをかけるが、代わりにチリソースを用いることもある[9][12]。焼き飯の具の肉には鶏肉を使うのが一般的である[10]

語源と起源編集

この料理の名は、ビーチリゾートとして人気があるタイパタヤ市から取られたと考えられている[1][6]。しかし名に反してタイよりもマレーシアで広く食べられており、当のパタヤ市ではオムレツで包んだ焼き飯はまず見ることができない[3]。実際のところはマレーシアが発祥の地だというのは衆目の一致するところで[1][2][13]、タイ風の変わったネーミングは耳新しさを狙ったか、マーケティング的な意図があったと考えられる。ほかに有力な説としては、タイの国民食とも言うべきパッタイの名がマレー語において転訛したというものがある。パッタイのバリエーションの中には炒めた麺を卵で包んだものも存在する。

類似の料理編集

日本にも類似の料理が存在し、オムライスと呼ばれている(英語のオムレツとライスの混成語[1]。こちらはケチャップで味付けした焼き飯を薄焼きの卵でくるむか、プレーンオムレツで包んだものである。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d Lester Haines (2015年6月20日). “Post-pub nosh neckfiller: Nasi goreng pattaya”. The Register. 2018年3月19日閲覧。
  2. ^ a b Eve O'Sullivan (2015年8月8日). “Readers’ recipe swap: omelette [Malaysian fried rice omelette (nasi goreng pattaya)]”. The Guardian. 2018年3月19日閲覧。
  3. ^ a b Selain Indonesia, 7 Negara Ini Juga Punya 'Nasi Goreng' yang Nikmat” (Indonesian). Kumparan (2018年1月10日). 2018年3月19日閲覧。
  4. ^ Bomanta (28 April 2015) (Indonesian). 50 Resep Nasi Goreng: Panduan Memasak 50 jenis Nasi Goreng Maknyuss. Bomanta. pp. 8–. GGKEY:J0HGW5PFLK0. https://books.google.com/books?id=HZ2wCAAAQBAJ&pg=PA8. 
  5. ^ Resep Cara Membuat Nasi Goreng Pattaya Gulung Spesial” (Indonesian). Selerasa.com. 2018年3月19日閲覧。
  6. ^ a b Febi Anindyakirana (2017年7月13日). “Resep Nasi Goreng Pattaya” (Indonesian). Vemale.com. 2018年3月19日閲覧。
  7. ^ (3ページ目)ウマ辛、ノー辛、チリ辛……辛さいろいろ マレーシアの焼き飯ナシゴレンが奥深い!”. CREA (2016年6月24日). 2018年11月14日閲覧。
  8. ^ ナシゴレンパタヤ”. マレーシアごはん (2016年7月25日). 2018年11月14日閲覧。
  9. ^ a b Post-pub nosh neckfiller: Nasi goreng pattaya”. The Register (2015年1月20日). 2018年11月14日閲覧。
  10. ^ a b How to cook lip-smacking Butterkicap Pattaya Fried Rice”. Free Malaysia Today (2018年8月26日). 2018年11月14日閲覧。
  11. ^ #SusanEats: Malaysian good eats debut in Nairobi at The Abor”. Capital FM (2015年7月6日). 2018年11月14日閲覧。
  12. ^ 55 Delicious Malaysian Food With A Taste That's Truly Asia”. TheSmartLocal (2016年1月22日). 2018年11月14日閲覧。
  13. ^ Nasi Goreng Pattaya (Stuffed Omelette Fried Rice)”. All Recipes. 2018年3月19日閲覧。

外部リンク編集

  •   ウィキブックスには、Pattaya fried riceに関する料理本があります。