ナタリー・クック

ナタリー・ルイーズ・クック OAM[1](Natalie Louise Cook、女性、1975年1月19日 - )は、オーストラリアビーチバレー選手。シドニーオリンピックビーチバレー競技金メダリスト。

ナタリー・クック
Natalie Cook
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Natalie Cook at the Welcome Home parade in Sydney.jpg
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1975-01-19) 1975年1月19日(42歳)
出身地 オーストラリアの旗 クイーンズランド州タウンズビル
ラテン文字 Natalie Cook
身長 181cm
体重 73kg
 
獲得メダル
女子ビーチバレー
オーストラリアの旗 オーストラリア
1996 アトランタ
2000 シドニー
テンプレートを表示

目次

来歴編集

クイーンズランド州タウンズビル出身。高校はブリスベン郊外にあるコリンダ州立高校に入学し、卒業時には学業及びスポーツ成績優秀者に贈られるDUXの称号を得ている[2]。医療系大学に進むと同時にバレーボールチームにも加わり、1992年には主将としてオーストラリアジュニアチームを率いている。1993年にビーチバレーを始め、1994年には医学の道を断念しプロビーチバレーボーラーに転向した[2]

ビーチバレー競技は1996年のアトランタオリンピックで正式競技として初採用された。クックとケリー・ポットハーストはペアを組んで参加し銅メダルを獲得している。同年、二人はビーチバレー世界選手権でも銀メダルを獲得し、日本で開催されたワールドツアーイベントのために来日している。その後二人はペアを解消し、2000年までペアを組むことはなかった。

地元開催となった2000年のシドニーオリンピックでは、再びポットハーストとペアを組み、金メダルに輝いた。この殊勲に対し二人は、OAM(オーストラリア勲章英語版)を受章する栄誉に浴した[2]。また二人はFIVBが制定した「Federation Internationale de Volleyball(英語版)」に選出されている。オリンピック後にポットハーストは現役引退を表明し、クックは新たにニコル・サンダーソン英語版をパートナーとしている。2003年にリオデジャネイロで開催された世界選手権では銅メダルに輝き、FIVBランキング4位をキープした。その後、2004年にアテネオリンピック代表に選出された。大会では好調な出だしを切ったが、ブラジルペアとアメリカ合衆国ペアに敗れて結局4位となりメダルを逸した。2008年の北京オリンピックでは、Tamsin Barnett(英語版)をパートナーとして5位、更に2012年のロンドンでは19位に沈み、五度目のオリンピックに幕を降ろした[3]

2013年にバレーボール殿堂入りの栄に浴している[4]

私生活編集

クックは男子ビーチバレー選手のSarah Maxwellと結婚し、現在はブリスベンに居住している[5]。加えて講演活動をこなし、ビーチバレー関連事業にも進出している。

著書編集

  • 『Go Girl!』 2001年9月出版[2]

脚注編集

  1. ^ OAMは、オーストラリア勲章メダル受章者に贈られる称号(英語版も参照のこと)
  2. ^ a b c d Beach Volleyball Database. “Natalie Cook”. 2014年10月17日閲覧。
  3. ^ London Olympics: Tearful Cook bows out of fifth Games”. 2012年8月2日閲覧。
  4. ^ Volleyball Hall of Fame. “Natalie Cook - Australia”. 2014年10月17日閲覧。
  5. ^ Gold medallist Natalie Cook marries Sarah Marshall, (30 November 2008), http://www.news.com.au/couriermail/story/0,23739,24730167-5012980,00.html 

外部リンク編集