メインメニューを開く
ナックルダスター

ナックルダスターは、拳にはめて打撃力を強化するための武器の総称。「メリケン」、「メリケンサック」、「ブラスナックル」、「拳鍔」などといった名称で呼ばれることもある。「カイザーナックル」と呼ばれることもあるが、これは漫画『リングにかけろ』に登場した同形状の武器の名称から来ている。

広義ではヒマンテスなどの防具も含まれる。

概説編集

拳による打撃を強化する目的で使用される武器。指の骨や関節といった弱い部分ではなく 拳に装着した金属部分を使って打撃を行う事が可能である。多くの場合、打撃に使用する金属部分は掌底で支える構造になっており、相手を殴った反動で生じる拳部分への衝撃を最小限に抑えられる。

金属製の物は、素手では攻撃した側が怪我を負うような硬い目標物(ハード・ターゲット)を破壊する目的にも使用される。重い(=比重の高い)金属製が多いため「ブラスナックル」と呼ばれることもあるが、真鍮に限らず鉄などの合金製であることが多い。

コンパクトなものはポケットに収まるサイズで、「ペーパーウエイト」「(文房具の)ペンホルダー」「ベルトのバックル」「ウエイトトレーニング用の軽量ダンベル」などの名目で販売されていることもある。一見したところでは指輪にしか見えないものもあるが、携帯所持していると、軽犯罪法迷惑防止条例の凶器携帯によって検挙される場合がある。

類似武器編集

鉄甲編集

琉球古武道武器の一種。元は農耕用の蹄鉄として利用されていた。

セスタス編集

 
セスタス

セスタス(cestus)は、語源はラテン語のカエストゥス(caestus 紐や帯の意)で、古代ローマの拳闘士が使用していた、堅い革紐をボクシングのバンデージのように手に巻き付けた物。

自分の拳の皮膚を保護することが主目的であるため、鍛錬が不足したまま硬い物体を殴ると怪我を負うが、相手の人間の皮膚にはダメージがある。また、革のベルトで代用することもできる。

刃部を有するもの編集

日本鉄拳中国の圏など、打撃部分に刃物や棘の設けられたものも存在している。

トレンチナイフ編集

第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけてのトレンチナイフの中には、ナックルダスターを兼ねる護拳部を備えた製品があった。

アパッチ・リボルバー編集

1860年代に登場した、拳銃・ナイフ・ナックルダスターを一体化した武器。

参考資料編集

関連項目編集