ナナシーは、1996年豊丸産業が開発、発売した手足のついた7、$、¥マークのコインをキャラクターとしたパチンコ機(一般電役)、またはその後継機シリーズ。

特徴編集

  • 上下段に3コマずつ、計6コマ分のデジタルがあり、上下各段がそれぞれゾロ目となれば大当たり(12種類)。本機はデジパチではなく、一般電役機のため大当たり中は右打ちとなる遊び方になっている(ホールによっては、大当たり中だけでなく常時右打ちするように調整されていたこともあった)。大当たり中にもデジタルが回せるため、大当たり中に大当たりが発生し、出玉を上乗せすることが可能であった。また、段階を経て大当たりに近づくようなリーチアクションが人気となった。
  • 本機は同社開発者が何気なく廻した500円玉を見て、「この動きをパチンコに取り入れたい」という発想から生まれた。
  • 『ナナシー』の名前は絵柄の「7」、「$(S)」、「¥(Y)」→「7SY」より。
  • パチンコ必勝ガイド』では、元執筆者の田山幸憲の命日である7月4日を本機名にかけて、「ナナシーの日」としている。田山が同誌に執筆した記事は本機が多く取り上げられていた。なお豊丸産業では2015年、この日を日本記念日協会により「ナナシーの日」として認定を受けている[1]

スペック編集

※大当たり確率はメーカー発表値

  • 『ナナシー』(1996年)
    大当たり確率 1/158、賞球数 7&13
  • 『CRナナシーゲットF』(2005年)
    大当たり確率 1/143(中央スルー)・1/146(右スルー)、賞球数 3&10&15
  • 『CRナナシービッグF』(2007年)
    大当たり確率 1/121、賞球数 3&10&15
  • 『CR SUPER電役ナナシーDX 121F』(2015年) ※この他3スペック発売
    大当たり確率 1/121.8(中央スルー)・1/99.4(右スルー)、賞球数 3&4&10&14&15
参考
  • 『CRナナシー』(2001年)

演出こそナナシーシリーズを踏襲しているものの、この機種は一般電役ではなくデジパチである。

演出編集

ノーマルリーチ
以下の演出が発生しなかった場合。期待度は1、2%程度だが意外に侮れない。
コインくん(キャラクター)リーチ
停止済みの上段のコインくんに手足が現れ、応援する。期待度は5、6%程度。
のびちぢみリーチ
最終絵柄が拡大・縮小しながら変動すると期待度は75%以上となる。また、このリーチは作品によって名称と動作が異なっている。
スペシャルファイア(同時回転、全回転)リーチ
初代では全回転でのハズレが義務付けられていたため、期待度はほぼ100%だが、外れることもある。後継機では演出が強化、加えて全回転でのハズレが不可能となったため、大当たり確定となっている(CRナナシーでは確変大当たり確定)。

登場人物編集

コインくん
主人公。手足を持つコイン。

関連商品編集

脚注編集

  1. ^ 「ナナシーの日」登録につきまして - 豊丸産業、2015年6月30日