ナラパティシードゥー

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

ナラパティシードゥー(Narapatisithu、1150年10月8日 - 1211年8月18日)はパガン王朝の王(在位:1174年5月? - 1211年8月18日)。チャニャスー2世とも称される。伝説上の人物も含めると47代目の君主にあたる。

ナラパティシードゥー
နရပတိ စည်သူ
パガン王朝第7代王
在位 1174年5月? - 1211年8月18日
別号 チャニャスー2世

出生 1150年10月8日
死去 1211年8月18日
配偶者 ヴェルヴァティ
子女 ナンダウンミャー
王朝 パガン王朝
父親 ナラトゥー
宗教 上座部仏教
テンプレートを表示
ナラパティシードゥーにより建てられたスーラーマニ寺院

治世編集

パガン朝において重要な役割を果たした君主のなかで、最後の人物であると考えられ、スリランカとの抗争で混乱していた王国の統治を再び安定させた。その平和と繁栄のもとで独自のビルマ風文化が興隆し、ピュー文化やモン文化の残影から脱していった。彼の治世において主にビルマ文字が用いられるようになり、碑文にも「Mranma(ビルマ人)」という表現がみられるようになった。

祖父アラウンシードゥー(チャニャスー1世)は全ビルマを治める統一的な法体系を築こうとしたが、これを受け継いだナラパティシードゥーは、王令によって学僧Dhammavisalaに慣習法を編纂させた。

長年腕の腫瘍をわずらっていたが、苦しむ姿を見かねた卑賤の側室の一人がナラパティーシードゥーが寝入った後、側室自らの口をもって膿を吸い出した。その献身を嘉したナラパティーシードゥーは彼女の子を次代の王とすることを決めた。のちのナンダウンミャーである。