メインメニューを開く
ニオブ酸カリウム
IUPAC名 ニオブ酸カリウム
組成式 KNbO3
式量 180.00288 g/mol
結晶構造 本文参照
CAS登録番号 12030-85-2
密度 4.62 gm cm-3 g/cm3,
融点 1050 ℃

ニオブ酸カリウム(ニオブさんカリウム、KNbO3、KN)はニオブカリウムの複合酸化物である。結晶構造はペロブスカイト構造であり、-10℃以下では菱面体晶、常温では斜方晶、225℃から435℃までは正方晶、そしてキュリー温度である435℃以上では立方晶である。CAS登録番号は12030-85-2。

強誘電体であり、大きな圧電性を示すことから、ビスマス層状構造強誘電体チタン酸ビスマスナトリウム(BNT)などと共にチタン酸ジルコン酸鉛(PZT)を代替する非鉛圧電セラミックスの有力候補として研究開発が進められている。ただし、

といった問題点がある。

参考文献編集

『セラミック電子部品と材料の技術開発』(山本博孝監修、シーエムシー出版) ISBN 4-88231-871-7