ニクベイNegübei, ? - 1271年)は、モンゴル帝国の皇族、チャガタイ家の第8代当主(在位1271年)。チンギス・ハーンの次男、チャガタイの孫にあたる。『元史』では聶古伯、『集史』ではنیکبایNīkbāīと表記される。

概要編集

チャガタイの庶子サルバンの息子として生まれた。兄弟にはモンケ・カーン南宋遠征に従軍したクシカ(Qūshīqī)がいる[1]

1270年、チャガタイ家の当主バラクイルハン朝統治下のホラーサーンに侵攻したが、カラ・スゥ平原の戦いにてアバカ率いるイルハン朝軍に大敗を喫した。バラク率いるチャガタイ・ウルス軍の敗戦の最中、ニクベイはバラクの軍から離反して逃亡した。その後、バラクがオゴデイ家カイドゥの軍に包囲された営中で毒殺と言われる急死を遂げた後、カイドゥの支持を受けてチャガタイ家の傀儡の当主に擁立された。

1271年、ニグベイは傀儡として操られるのを嫌ってカイドゥに対して反抗したが、翌年カイドゥに敗れて戦死した[2]

『元史』巻8世祖本紀5には至元十年(1273年)に「叛臣聶古伯」を北平王ノムガンらが討伐したことが記録されているが、『新元史』や『蒙兀児史記』は音の類似からこの「聶古伯」がニクベイを指すのではないかと推測している[3]

チャガタイの子サルバンの家系編集

脚注編集

  1. ^ 杉山2004,76頁
  2. ^ ドーソン1971,108頁
  3. ^ 『元史』巻8,「[至元十年十二月]己巳……諸王孛兀児出率所部兵与皇子北平王合軍討叛臣聶古伯、平之、賞立功将士有差」

参考文献編集

  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • C.M.ドーソン著/佐口透訳注『モンゴル帝国史 3巻』平凡社、1971年
  • 新元史』巻107列伝4
  • 蒙兀児史記』巻32列伝14