ニコラウス・ヨーゼフ・エステルハージ

エステルハージ・ミクローシュ・ヨージェフハンガリー語:Eszterházy Miklós József)、ドイツ語ニコラウス・ヨーゼフ・エスタハージ[1](Nikolaus Joseph Fürst Esterházy de Galantha, 1714年12月18日 - 1790年9月28日)は、オーストリア元帥

ニコラウス1世・ヨーゼフ・エステルハージ
Nikolaus I. Joseph Esterházy
ガランタのエステルハージ侯
Nikolaus Esterhazy.jpg
在位 1762年 - 1790年

出生 (1714-12-18) 1714年12月18日
オーストリアの旗 オーストリア大公国ウィーン
死去 (1790-09-28) 1790年9月28日(75歳没)
オーストリアの旗 オーストリア大公国、ウィーン
配偶者 マリア・エリーザベト・フォン・ヴァイセンヴォルフ
子女 アントン
ニコラウス
家名 エステルハージ家
父親 ヨーゼフ・エステルハージ
テンプレートを表示

1757年コリンの戦いプロイセン軍に勝利、1768年元帥。エステルハーザフェルテード)に宮殿 (Eszterháza) を建設し、1761年から1790年までフランツ・ヨーゼフ・ハイドンが楽長を務めた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ * Duden Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Dudenverlag. (2005). p. 314. ISBN 978-3-411-04066-7 
先代:
パウル2世
ガランタのエステルハージ侯
1762年 - 1790年
次代:
アントン1世