メインメニューを開く

ニコラウス5世(Nicolaus V, 1260年頃 - 1333年10月16日)は、対立教皇(在位:1328年 - 1330年)。本名はピエトロ・ライナルドゥッキ(Pietro Rainalducci)。神聖ローマ皇帝に擁立された最後の対立教皇である。

イタリア・ボルゴローゼの集落コルヴァーロで生まれた。1310年、妻の死を契機としてフランシスコ会に入会、説教師として活動した。1328年、アヴィニョン捕囚教皇ヨハネス22世と対立していた神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世によってローマ5月12日に即位した。

しかし、12月にルートヴィヒ4世がローマを離れるとオルシーニ家ヴィテルボで反乱を起こし、ニコラウス5世はグロッセート、次にピサへ逃れた。翌1329年破門されるとピオンビーノへ亡命、1330年8月25日にアヴィニョンへ出頭、ヨハネス22世に降伏した。以後、亡くなるまでアヴィニョンで生涯を送った。

参考文献編集

  • 『ローマ教皇事典』
  •   この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "要記事名. Encyclopædia Britannica (in English) (11th ed.). Cambridge University Press.

関連項目編集