ニコラス・シャツキ

ニコラス・セルゲイエヴィチ・シャツキ(Nikolay Sergeyevich Shatsky、ロシア語:Николай Сергеевич Шатский、1895年8月28日(旧暦8月16日) - 1960年8月1日)は、モスクワ出身のソビエト連邦地理学者である。古代プラットフォームプレートテクトニクスが専門である[1]

太平洋(日本の南東)にある海台であるシャツキー海台は、彼の名前にちなんでいる。

ソビエト社会主義共和国連邦科学アカデミー(後にロシア科学アカデミー)は、1982年以降、プレートテクトニクスの業績に対して、毎年シャツキ賞を授与している[2]

受賞編集

出典編集