ニトロソスパエラ・ウィエンネンシス

古細菌

ニトロソスパエラ・ウィエンネンシスNitrososphaera viennensis)は、2011年ウィーンの土壌中から分離されたタウム古細菌門に属するアンモニア酸化古細菌である。このグループとしては、"Nitrosopumilus maritimus"に次いで2例目の純粋培養例となった。学名は、「ウィーンから発見された、アンモニアを酸化する球菌」といった意味がある。タウム古細菌としては初の記載種である。

ニトロソスパエラ・ウィエンネンシス
分類
ドメ
イン
: 古細菌 Archaea
: プロテオ古細菌界
Proteoarchaeota
上門 : TACK上門
: "タウム古細菌門"
"Thaumarchaeota"
: ニトロソスパエラ綱
Nitrososphaeria
: ニトロソスパエラ目
Nitrososphaerales
: ニトロソスパエラ科
Nitrososphaeraceae
: ニトロソスパエラ属
Nitrososphaera
: N. ウィエンネンシス
N. viennensis
学名
Nitrososphaera viennensis
Michaela Stieglmeier et al. 2014

常温性のアンモニア酸化古細菌である。形状は0.6-0.9μm程の不定形の球菌。先行する"Nitrosopumilus maritimus"とは異なり、土壌性である。土壌から高頻度で検出されるSoil group I.1bという系統に属するとみられている。比較的アンモニア濃度の高い環境でも良く成長する。

参考文献編集

  • Tourna, Maria; Stieglmeier, Michaela; Spang, Anja; Könneke, Martin; Schintlmeister, Arno; Urich, Tim; Engel, Marion; Schloter, Michael et al. (2011). “Nitrososphaera viennensis, an ammonia oxidizing archaeon from soil”. Proceedings of the National Academy of Sciences 108 (20): 8420–5. doi:10.1073/pnas.1013488108. PMC: 3100973. PMID 21525411. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3100973/. 
  • Michaela Stieglmeier, Andreas Klingl, Ricardo J. E. Alves, Simon K.-M. R. Rittmann, Michael Melcher, Nikolaus Leisch, and Christa Schleper(2014). “Nitrososphaera viennensis sp. nov., an aerobic and mesophilic ammonia-oxidizing archaeon from soil and member of the archaeal phylum Thaumarchaeota”. Int J Syst Evol Microbiol published ahead of print June 6, 2014.