ニャラアラビア語: ‏نيالا‎ ニヤーラー、Nyala)は、スーダン西部、ダルフール地方の都市。人口565,734人(2007年)。ダルフール最大の都市であり、南ダルフール州の州都である。標高673m。首都ハルツームからの鉄道スーダン鉄道)の西端となる終点駅があり、鉄道を利用してダルフール一帯の農産物・畜産物の集散地となっている。工業としては、食品加工や繊維、革製品などがある。

ニャラ
‏نيالا
Nyala
位置
スーダン内のニャラの位置の位置図
スーダン内のニャラの位置
座標 : 北緯12度3分 東経24度53分 / 北緯12.050度 東経24.883度 / 12.050; 24.883
行政
スーダンの旗 スーダン
  南ダルフール州
 市 ニャラ
地理
面積  
  市域 ? km2
標高 673 m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 565,734人
その他
等時帯 中央アフリカ時間 (UTC+2)
夏時間 なし

2000年代に入るとダルフール紛争の発生により周辺からの避難民が続々と流入、難民を支援する国連NGOの拠点になった。

治安編集

2013年には、ニャラ周辺のアラブ系部族らの間で重火器を使用した抗争や略奪が発生[1]。一方でニャラ市内でも、同年7月に治安部隊の内紛がきっかけにロケット弾を使用する大規模な戦闘が発生して多数の死傷者が出たほか、暴動が誘発され市内最大の商業施設マルジャ市場の店が略奪に遭う被害が発生している[2]

交通編集

 
ニャラ空港

出典編集

関連項目編集