メインメニューを開く

ニューヨーク市立大学バルーク校 (Baruch College of The City University of New York) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークマンハッタン区にある公立総合大学である。ニューヨーク市立大学システムの一つであり、 アメリカ国内でも屈指のビジネススクールの一つとして知られる。

Baruch College
モットー The American Dream Still Works
種別 公立
設立年 1968 as an independent college
資金 $294 million[1][2]
President Mitchel Wallerstein
Provost John Brenkman (Interim)
教員数
500 (フルタイム)
職員数
700
学部生 12,870
大学院生 3,240
所在地 USA
NYニューヨークOne Bernard Baruch Way, New York, NY 10010
キャンパス 都市
スクールカラー 青、白
ニックネーム The Bearcats
マスコット Bearcat
ニューヨーク市立大学
公式サイト www.baruch.cuny.edu
テンプレートを表示

日本語では「ニューヨーク市立大学バルーク校」や「ニューヨーク市立バルーク大学」と訳されることが多い。地元では一般に「バルークカレッジ」と呼ばれている。バルーク校は、卒業生であり大統領側近などを務めた著名政治家バーナード・バルーク氏から名付けられた。ニューヨークという場所柄、大学はアメリカの中で最も多様性のある大学とされ、世界160カ国以上からの生徒が集まっている。

バルーク校は、ジックリンスクールオブビジネスが看板部門として知られる。中でも金融業界で名高く、ゴールドマンサックス・JPモルガン・モルガンスタンレーなどウォール街での就職優位度では全米トップ10に入る。ビジネススクールの名前はラリー・ジックリン(en:Larry Zicklin)の学校への寄付から付けられた。

キャンパス編集

ニューヨーク市マンハッタン区ダウンタウンの東24丁目に校舎ビルを構える。

歴史編集

1919年、ニューヨーク市フリーアカデミーの跡地に、ニューヨーク市立大学シティカレッジのビジネス及び行政管理学部として設立される。1958年に、財務官バーナード・バルークen:Bernard Baruch)に因み、バルークスクール (The Baruch School of Business)となる。1968年、学生数の増大に伴いシティカレッジから分離独立し、ニューヨーク市立大学システムの一つニューヨーク市立大学バルーク校となる。

教育機関編集

バルークカレッジは、以下の三つのスクールによって構成される。

ランキング編集

  • Public Affairの修士課程は公共管理プログラムとして全国で上位20%にランク(U.S.News&World Report 2006年)
  • ROI(授業料と卒業後の所得の比率)は全米106位(トップ10%)にランク(PayScale 2013 College Report[3])
  • 2015年NerdWalletが発表した、学費の安いビジネス専攻おけるベストUSカレッジ7位にランク[4]
  • Finance-Colleges.comが発表するベストファイナンススクールでは4位にランク[5]、ニューヨーク州内において1位にランク[6]
  • Bestvalueschools.comが発表するニューヨーク州の価値ある大学(50 Best Value Colleges and Universities in New York 2018)において8位にランク[7]
  • 2018年U.S.News&World Reportで、アメリカ北部地域(Best Regional Universities North)で20位にランク[8]
  • Value Collegesが発表した、価値のあるデジタルマーケティングプログラムランキングベスト30において(Top30 Best Value Digital Marketing Certificate Programs for 2017)3位にランク。

入学編集

U.S.News&World Reportによると、2017-2018年度は18,286人が在学している[9]

2017-2018年度の学費は州外者は$18,021、州内者は$7,551である[9]

有名な同窓生編集

現職教員編集

脚注編集

外部リンク編集