ニラーヴ・シャー

ニラーヴ・シャー(Nirav Shah、1974年11月16日 - )は、インド撮影監督。2004年に撮影監督デビューした後、ヒンディー語映画テルグ語映画タミル語映画マラヤーラム語映画でヒット作の撮影に参加した[1][2]

ニラーヴ・シャー
Nirav Shah
Nirav Shah
ロボット2.0』予告編公開イベントに出席するニラーヴ・シャー
生年月日 (1974-11-16) 1974年11月16日(47歳)
出生地 インドの旗 インド タミル・ナードゥ州チェンナイ
職業 撮影監督
テンプレートを表示

キャリア編集

ニラーヴは著名な撮影監督のアシスタントとしてテレビ広告やミュージックビデオ、短編映画の撮影に関わった後、2004年のヒンディー語映画『Paisa Vasool』で長編映画の撮影監督を務め、続けて『Intequam』に参加した。同年に参加したブロックバスター映画Dhoom』で称賛を浴び、知名度を上げた。2005年にタミル語映画監督のリングスワーミ英語版の依頼で『Sandakozhi』の撮影を担当し、2006年にはヴィシュヌヴァルダン英語版の『Pattiyal』の撮影を手掛けて成功を収め、ニラーヴと音楽監督ユーヴァン・シャンカル・ラージャ英語版はタミル語映画界における最高のチームと評価された[1][2][3]。その後もヴィシュヌヴァルダンの『Arinthum Ariyamalum』『Billa』『Sarvam』で撮影監督を務め、これらの作品の成功によりニラーヴはタミル語映画で最も人気のある撮影監督の地位を確立した。

2006年にヒンディー語映画『Banaras』『Dhoom 2』の撮影監督を務め、2007年にプラブ・デーヴァ英語版の『Pokkiri』、パシュカール=ガヤトリ英語版の『Oram Po』に参加した。2008年にシャンカールから『ロボット』の撮影監督のオファーを受けたが、ヴィシュヌヴァルダンの『Sarvam』への参加が決まっていたため辞退している。2009年にプラブ・デーヴァの『Wanted』、A・L・ヴィジャイ英語版の『Madrasapattinam』の撮影を担当した。2008年からチェンナイラジーヴ・ガンディー通り英語版に10億ルピーを投じた映画スタジオの建設を進めている[4][5][6]

受賞歴編集

タミル・ナードゥ州映画賞 最優秀撮影監督賞英語版

出典編集

  1. ^ a b Vishnuvardhan's 'Sarvam' on the go”. indiaglitz.com. 2008年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月16日閲覧。
  2. ^ a b "Sarvam is slick" - Vishnu”. indiaglitz.com. 2009年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月16日閲覧。
  3. ^ Now, 'Billa' rocks Kerala!”. buzz18.in.com. 2008年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月16日閲覧。
  4. ^ Nirav Shah's hi-tech studio costing nearly 100 crores”. cinesouth.com. 2009年7月16日閲覧。
  5. ^ Nirav Shah's dreamland in tinsel town”. kollywoodtoday.com. 2009年7月16日閲覧。
  6. ^ Nirav Shah's 100-crore projext”. Behindwoods. 2009年7月16日閲覧。
  7. ^ “Rajini, Kamal win best actor awards”. Chennai, India: The Hindu. (2009年9月29日). オリジナルの2009年10月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091001173907/http://www.hindu.com/2009/09/29/stories/2009092950250100.htm 2009年9月28日閲覧。 
  8. ^ “TN Govt. announces Tamil Film Awards for six years”. The Hindu. (2017年7月14日). http://www.thehindu.com/entertainment/movies/tn-govt-announces-tamil-film-awards-for-six-years/article19273078.ece 

外部リンク編集