ヌール (ヨルダン王妃)

ヌール・アル=フセインアラビア語: نور الحسين‎, ラテン文字転写: Nūr al-Ḥusayn、Noor al-Hussein、1951年8月23日 -)は、ヨルダン国王フセイン1世の4人目の。結婚前の名前はリサ・ナジーブ・ハラビー(Lisa Najeeb Halaby)。

ヌール・アル=フセイン
نور الحسين
ヨルダン王妃
Noor al-Hussain, Women's World Awards 2009.jpg
2009年世界女性賞授与式にて
在位 1978年6月15日 - 1999年2月7日

全名 出生名:リサ・ナジーブ・ハラビー(Lisa Najeeb Halaby)
出生 (1951-08-23) 1951年8月23日(71歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
配偶者 フセイン1世
子女
父親 ナジーブ・ハラビー
母親 ドリス・カールクイスト
テンプレートを表示

経歴編集

アメリカ合衆国ワシントンD.C.でシリア系アメリカ人の家庭に生まれた。プリンストン大学都市計画を学び、ヨルダンの首都アンマンで働いていた頃フセイン1世に見初められ、1978年6月15日に結婚した。

王妃となってからは地雷禁止国際キャンペーンの活動に携わり、1995年からユナイテッド・ワールド・カレッジの学長、1996年から行方不明者国際委員会の委員を務めている。

子女編集

参考文献編集

外部リンク編集