メインメニューを開く

ネクシヤルヒンディー語:नेकुसियार, Nekusiyar, 1679年10月6日以前 - 1723年4月12日)は、北インドムガル帝国の対立君主(在位:1719年)。シャー・ネクシヤル(Shah Nekusiyar)とも呼ばれる。父は第6代君主アウラングゼーブの四男アクバル

ネクシヤル
Nekusiyar
ムガル帝国対立皇帝
Niku Siyyar.jpg
ネクシヤル
在位 1719年5月19日 - 8月13日
戴冠 1719年5月19日
別号 パードシャー

全名 ムハンマド・ネクシヤル
出生 1679年10月6日以前
死去 1723年4月12日
デリーサリームガル城
王朝 ムガル朝ティムール朝
父親 アクバル
母親 サリーマ・バーヌー・ベーグム
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

目次

生涯編集

1679年10月6日ムガル帝国の皇子アクバルとその妃サリーマ・バーヌー・ベーグムとの間に生まれた[1]

1681年、父アクバルが祖父である皇帝アウラングゼーブに反乱を起こし、マラーター王国へと逃げたため、ネクシヤルはアーグラ城に幽閉された[1]。以来、40年近く幽閉生活が続いた。

1719年5月19日、ネクシヤルはアーグラの知事ビールバルによって長い幽閉生活を解かれ、対立皇帝として擁立された[1]。理由はデリーで皇帝ラフィー・ウッダラジャートを擁するサイイド兄弟に対抗するためであった。

だが、8月13日にアーグラはデリーの軍勢に占領され、ビールバルの政権は崩壊し、ネクシヤルは捕えられてしまい、デリーのサリームガル城に幽閉されることとなった[1]

1723年4月12日、ネクシヤルはサリームガル城で幽閉されたまま死亡した[1]

家族編集

后妃・子女なし

出典・脚注編集

  1. ^ a b c d e Delhi 11

関連項目編集