ネグリジェフランス語: négligé、「だらしない」の意)とは就寝時に着用するワンピース型の寝間着である。

19世紀時代のネグリジェ

17世紀頃からフランスで使い始められ、17世紀から18世紀には男女問わず着用されていたが、現在では婦人用寝具として使用されている。

柔らかい素材を使い、ゆったりとした形でフリルやレースなどの装飾が付いた優雅なデザインとなっているものが多い。

日本のホテルの寝間着は男女兼用(ユニセックス)である事が一般的であり、浴衣ローブと並んでワンピースの着衣が使われていることが多い。

関連項目編集