ネバダ州アスレチック・コミッション

ネバダ州アスレチック・コミッションNevada State Athletic Commission、略称NSAC)は、アメリカ合衆国ネバダ州において、ボクシング総合格闘技キックボクシングなどの格闘技の競技を統括する組織[1]1941年設立。

概要編集

ネバダ州内で格闘技の興行を行う場合、興行主は興行の概要、選手の報酬にいたるまで、あらゆる情報を同コミッションに届け出て認可を受けなければ、興行を行うことはできない。レフェリー、ジャッジの資格についても厳正かつ公正な審査を行う。また、選手に対するドーピング検査を行い、違反があった場合ライセンス停止などの処分を科される[2][3]

沿革編集

1941年設立。

2001年9月23日、州内において総合格闘技興行を認可し[4]9月28日に行われたUFC 33が同州初の総合格闘技興行となった。

2002年以降は、ボクシング、総合格闘技、キックボクシングについての興行の概要・試合結果が公表されている。

2014年2月27日、これまで一部で許可されていたテストステロン補充療法の全面禁止を発表した[5]

2021年7月、これまでは禁止薬物として扱い陽性反応が検出された場合にはドーピング違反で処分が科せられてきた大麻について、今後は処分の対象にならないことが発表された[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集