メインメニューを開く

2021年(2021 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年。この項目では、国際的な視点に基づいた2021年について記載する。

千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 2000年代 2010年代 2020年代 2030年代 2040年代
: 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 2024年

目次

他の紀年法編集

カレンダー編集

予定編集

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

日付が未定なもの編集

周年編集

イベント編集

不明 - 三重県にて第76回国民体育大会(三重とこわか国体)開催。

経済編集

  • 1991年施行の借地借家法23条で規定された建物譲渡特約付借地権の期限満了(30年経過)により、借地上の建物について地主への売却が開始される。
  • 不況から立ち直れない場合、「失われた30年」が成立する。

芸術・文化・ファッション編集

映画編集

誕生編集

沒年編集

ノーベル賞編集

フィクションのできごと編集

  • 1月 - 先月、アトムを爆弾ロボットで黒焦げにしたユダ・ペーター、超能力で次々と要人を抹殺、アトムを修理中のお茶の水博士も抹殺する。だが同博士の葬儀中に真相が暴かれ、アトムとユダは北極で戦うが、力尽きたユダは空を行く飛行機に自らのエネルギーを光に転換して信号を送り、爆死、アトムは救出される。(漫画『鉄腕アトム』「火星から帰ってきた男」)
  • 2月 - 「村井ワクチン」の開発者である医学博士の村井千歳、68歳で死去。(アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』)
  • 4月 - 電脳硬化症に効果があるとされる「村井ワクチン」が特定指定者有償実験薬として認可される。(アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』)
  • 7月 - 初の有人火星探査ミッションを行っていたNASAの宇宙船「マーズ1号」の乗員が、シドニア大平原英語版に白い多面体を発見。至近からのレーダーによる調査を行った乗員全員が多面体から生じた巨大な竜巻に襲われ、3名が死亡。残る1名もメッセージを地球へ送信した後に消息不明となる。(映画『ミッション・トゥ・マーズ』)[11][12]
  • 夏 - タイチャムポーンの山岳地帯に、「クイン」なる存在によるタイ南部およびマレーシアの征服宣言と2041年の日付が刻まれた高さ100メートル以上の記念塔が突如出現。この記念塔は「チャムポーン・クロノリス」と命名される。クロノリスの初出現。(小説『クロノリス—時の碑—英語版』)[13]
  • ロバート・ヘルマス率いる最初の星間探検隊が、スピンディジー駆動を用いて木星の衛星から狼座三百五十九番星または白鳥座六十一番星を目指して旅立つ。その後、これは〈西〉陣営への反逆と見做され、計画の陣頭指揮を行っていたブリス・ワゴナー上院議員は処刑される。(小説『宇宙都市』シリーズ)[14][15]
  • 未確認の兵器が地球各地を攻撃。特殊戦闘機「バスター」がこれに対抗する。(ゲーム『エアバスター』)[16]
  • X線レーザ推進を用いる光世紀船「星虹号」が木星の衛星から処女航海へと発進。重力波による通信信号が観測された、太陽系東方41.3光年の地点に存在すると推測されるブラックホールを目指すも、出発からしばらく後に交信を断つ。(小説『光世紀パトロール』)[17]
  • アオイZIP アルザードNP-1デビュー。(アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』)
  • スゴウ ガーランドSF-03デビュー。(アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』)
  • ユニオンセイバー イシュザーク00-X3デビュー。(アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』)
  • スゴウ、第6戦よりνアスラーダAKF-0デビュー。(アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』)
  • 突如世界中に出現した寄生生物「ガストレア」との戦争「ガストレア大戦」に、人類が敗北する。(小説・アニメ『ブラック・ブレット』)[18]
  • 月の裏側の巨大電波システムが、BD+36度2147番星の惑星から発せられたと見られる120メガヘルツの電波シグナルを受信。8カ月に渡る観測の中で、シグナルの中に断片的な単語や綴りが確認される。その後、BD+36度2147番星は「ラー」、シグナルの発信源である惑星は「イシス」と命名される。(小説『星々の海をこえて英語版』)[19]

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 消費税率引上げ時期の変更に伴う税制上の措置(財務省)
  2. ^ 「退位19年4月30日」決定 新元号、来年公表(毎日新聞 2017年12月8日)
  3. ^ 非核化実現は2021年1月とポンペオ氏” (2018年9月20日). 2018年9月24日閲覧。
  4. ^ 復興庁設置法21条。
  5. ^ 安倍首相の任期3年、最長政権を視野 内閣改造10月1日軸” (2018年9月21日). 2018年9月24日閲覧。
  6. ^ 埼玉)ホンダ工場閉鎖 狭山市に衝撃 寄居は歓迎”. 朝日新聞 (2017年10月5日). 2017年11月18日閲覧。
  7. ^ 文化庁移転、「現京都府警察本部本館」に「遅くとも平成33年度中を目指す」と取りまとめ発表”. 文部科学省 (2017年7月25日). 2018年6月6日閲覧。
  8. ^ 中国の探査機、2021年にも火星着陸へ—中国メディア” (2018年9月19日). 2018年9月24日閲覧。
  9. ^ 世界初の「エネルギーを生み出す」ホテル、北極圏で2021年にオープン” (2018年9月16日). 2018年9月24日閲覧。
  10. ^ 「インディ・ジョーンズ5」の公開が2021年に延期” (2018年7月12日). 2018年9月24日閲覧。
  11. ^ デブラ・N・スペレーゲン 『ミッション・トゥ・マーズ』 徳間書店2000年、7・34 - 64・70 - 76頁。ISBN 978-4-19-891318-2
  12. ^ ミッション・トゥ・マーズ - ディズニー公式サイト。2018年1月29日閲覧。
  13. ^ ロバート・チャールズ・ウィルスン 『クロノリス—時の碑—』 東京創元社2011年、11 - 24・29・34 - 36・53・60頁。ISBN 978-4-488-70607-4
  14. ^ ジェイムズ・ブリッシュ 『宇宙都市1 宇宙零年』 早川書房1978年、49・211 - 220・229・230頁。ISBN 978-4-15-010305-7
  15. ^ ジェイムズ・ブリッシュ 『宇宙都市2 星屑のかなたへ』 早川書房、1978年、75頁。ISBN 978-4-15-010309-5
  16. ^ 『エアバスター』チラシ 株式会社ナムコ、1990年、裏面。
  17. ^ 石原藤夫 『光世紀パトロール』 徳間書店、1986年、157・167・168頁。ISBN 978-4-19-578039-8
  18. ^ 神崎紫電 『ブラック・ブレッド 神を目指した者たち』 アスキー・メディアワークス2011年、10 - 18・51・52・233頁。ISBN 978-4-04-870596-7
  19. ^ グレゴリイ・ベンフォード 『星々の海をこえて』 早川書房、1986年、25 - 30頁。ISBN 978-4-15-010662-1

関連項目編集