メインメニューを開く
正面から見たノヴァコード
ノヴァコードの内部

ノヴァコード ( Novachord )とは、ハモンドが1937年発表、1939年~1941年に製造した、おそらく世界最初の減算合成ポリフォニック・シンセサイザー製品である。 設計者はジョン・ハナート (John Hanert)、ローレンス・ハモンド (Laurens Hammond)、C.N.ウィリアムズ (C.N.Williams) で、1939年~1941年のわずか3年の発売期間を通じ計1069台が製造された。ハモンド製品として例外的に、オルガン音の再現を目的としなかった数少ない製品の一つである。

機能と構造編集

163本の真空管、1000個以上の特注コンデンサ等で構成され、重量は500ポンドに迫り、サイズはスピネットピアノ2台分ほどあった。当時まだ珍しかった周波数分周オシレータの採用により、全72鍵の同時発音が可能だった。これは、最上位オクターブ相当の12音階を12個のマスター・オシレータで生成し、真空管による単安定回路で分周して下のオクターブの音階を得る方式だった。同様な方式は、30年以上後のモーグアープポリフォニック・シンセサイザーでも採用された。

ノヴァコードは、初期のADSRエンヴェロープ制御機能を搭載しており、アタック/ディケイ/サスティーンは回転スイッチによる切り替え式、リリースはペダル・コントローラによる演奏時のリアルタイム表現が可能だった。またレゾナンス付きローパス・フィルターやレゾネータ (いずれもパッシブ回路)のほか、オシレータ2個一組に個別にかかる6個の電気機械式ヴィブラート(コイルのタップを自動回転スイッチで周期的に切り替える位相変調方式)により、本格的な音色の変更が可能だった。以上の信号処理機能により、ノヴァコードは弦楽器や声のような持続音から、ハープシコードやピアノのような鋭いアタックの減衰音まで、非常に広範な音色を表現できた。

製品の収束編集

ノヴァコードはその技術史上の重要性にも関わらず、楽器自体の不安定性や、第二次大戦の勃発が原因で、商業的には大きな成功が得られなかった。 信頼性の問題は主に、何百ものカスタム部品の動作パラメータに過度の依存関係を持たせた設計が原因で発生した。これら部品の動作パラメータは、驚くほど狭い許容範囲内に収める必要があった。 ハモンドは極めて早期にこの問題の存在に気付き、安定性を改善するためのスペシャル・アップグレードを提案した — その中身は、高湿度時の悪影響緩和を目的に筺体内部にボルト付けする「低出力ヒータ」以外の何物でもなかった。

さらに驚くべき事には、この楽器は真空管を極めて大量に使っているにも関わらず、真空管に起因する故障はほとんど知られていない。これは、おそらく真空管ヒータの低電圧駆動(6.3V品を5Vで駆動)による、真空管の長寿命化の寄与が大きいと推測される。

使用例編集

ノヴァコードの演奏は、同時代の他の電子楽器 — たとえばテルミンオンド・マルトノトラウトニウム — と同様に、ホラー映画やSF映画のサウンドトラックでしばしば聞くことができる。たとえば ユニバーサル・スタジオの多くのジャンルの映画や、ハマー・フィルムのホラー映画『妖女ゴーゴン』 (1964, The Gorgon) のために 作曲家ジェイムズ・バーナード が書き下ろした神妙な音楽を挙げる事ができる。

映画史上屈指の名画『風と共に去りぬ』(1939, Gone With the Wind)では、場面転換時の効果音としてノヴァコードの電子音が使われている。[1]

また音楽分野でも、当時のレコードで多くの活用例を確認できる。大戦前後のヒット曲“We'll Meet Again”も含め、ポピュラー歌手 ヴェラ・リン (Vera Lynn) の多くの歌の伴奏は、アーサー・ヤングによるノヴァコード演奏である。

現存するノヴァコード編集

現在残っているノヴァコードの個体数はおそらく200台未満で、そのうち稼働可能な個体はさらに少ないものと推定される。70年の歳月を生き残ったノヴァコードの大半は、北アメリカ大陸に存在する。

ノヴァコードを再現したソフト編集

クリプトン・フューチャー・メディアから、ノヴァコードの実機の音を収録した音源ソフト「NOVACHORD」が2010年8月に発売されている[1]。このソフトでは、ノヴァコードの音色と操作性が再現されていると共に、新たなオリジナルの音色パッチが追加されている。

脚注編集

  1. ^ Hammond Novachord Sightings”. discretesynthesizers.com. 2009年8月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集