メインメニューを開く

ノーサンバーランド (イングランド)

ノーサンバーランド (Northumberland) は、イングランドの典礼カウンティおよび単一自治体 (Unitary Authority)。ノーサンバーランド州 (the county of Northumberland, Northumberland county) とも呼ばれる。

ノーサンバーランド
Flag of Northumberland.svg
Northumberland UK locator map 2010.svg
地理
様態 典礼カウンティおよび単一自治体 (Unitary Authority)
リージョン イングランド北東部
面積
総面積
6 位
5,013 km2 (1,936 sq mi)
カウンシル所在地モーペス(Morpeth)
ISO 3166-2GB-NBL
ONSコード 35
NUTS 3 UKC21
人口統計
人口
総人口 (2014年推計値)
人口密度
44位
316,000
63 /km2 (160 /sq mi)
民族構成 99.0% 白色人種
政治
Northumberland County Council
Coat of arms of Northumberland County Council.png

http://www.northumberland.gov.uk/
国会議員
ディストリクト
NorthumberlandNumbered.png
  1. ブライス・ヴァリー(Blyth Valley)
  2. ワンズベック(Wansbeck)
  3. カッスル・モーペス(Castle Morpeth)
  4. タインデール(Tynedale)
  5. アニック(Alnwick)
  6. バーウィック・アポン・ツイード(Berwick-upon-Tweed)

イングランドの北東端、スコットランド国境地方に位置する。北はスコットランドのスコティッシュ・ボーダーズで、東は北海に面する。西でカンブリア、南でダラム、南東でタイン・アンド・ウィアと隣接する(タイン・アンド・ウィアは、1974年の行政区画改編までノーサンバーランドに属していた[1])。1974年以降、州都はモーペス (Morpeth) であるが、アニック (Alnwick) も州都に名乗りをあげている。

古くから、この地を巡ってスコットランドとイングランドが争ったため、城が多い。開発を免れたことで景観が維持された州内の荒野は、現在は国立公園として保護されている。人口密度は1平方キロメートルにつき62人で、イングランドで最も低い。

歴史編集

この地域は、かつてローマ帝国の一部であった(Sub-Roman Britain)。その後、アングル人などがバーニシア王国英語版を建てると、その中心地になった。バーニシア王国はのちにデイアラ王国英語版と統一し、ノーサンブリアとなった。また、ノーサンバーランドはイングランドにおける「キリスト教のゆりかご」とも呼ばれる。これは、7世紀リンディスファーン島(バンバーグ沖に位置し、聖なる島とも呼ばれる)にリンデスファーン修道院が創建され、キリスト教が開花したことに由来する。

ノーサンバーランドは、領土をめぐるイングランドとスコットランドの争いの舞台となった。そのため、イングランドの中でも多くの城が建設された。代表的な城郭としてアニック、バンバラ、ダンスタンバラ、ワークワースなどが挙げられる。

脚注編集

外部リンク編集