メインメニューを開く

コアジサシ(小鯵刺、学名:Sterna albifrons)は、チドリ目カモメ科に分類される

コアジサシ
コアジサシ
コアジサシ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: アジサシ属 Sterna
: コアジサシ S. albifrons
学名
Sterna albifrons Pallas, 1764[2]
和名
コアジサシ
英名
Little Tern
亜種
  • S. a. albifrons
  • S. a. antillarum
  • S. a. athalassos
  • S. a. browni
  • S. a. sinensis コアジサシ[3]

目次

形態編集

全長は24 cm[4]ツグミヒヨドリと同じくらいの大きさでアジサシよりも小さい。翼開長は約53 cm[4]と尾羽がツバメのように細くとがっていて、もまっすぐのびる。

夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、は黄色、脚はだいだい色。 冬羽では嘴と脚が黒くなり、額の白い部分が拡がる。

分布編集

ユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖し、アフリカからオーストラリアにかけての沿岸部で越冬する。またカリブ海沿岸域やハワイ諸島にも分布している。

日本では本州以南に夏鳥として渡ってきて繁殖するが、繁殖地となる場所の減少にともない数が減っている。また、カラスによる捕食も個体数減少の一因とされ、東京都ではカラスの撃退に一役買うというミツバチの箱を設置することを決めている。

生態編集

海岸や川などの水辺に生息し、狙いをつけて水にダイビングして魚をとらえる。その様子から鯵刺(あじさし)の名前がつけられたと思われる。同様の理由から鮎鷹(あゆたか)の異称も。狙いをつけるときには短時間ながらホバリング(停空飛行)をすることもある。

繁殖前にはオスがメスへ獲物をプレゼントする「求愛給餌」がみられる。巣は川原砂浜埋立地などに集団繁殖地(コロニー)を作って外敵の侵入に備える。地面にくぼみを作って2、3個の卵を産む。卵とヒナはまだらもようで石ころと区別がつきにくくなっている。

種の保全状況評価編集

国際自然保護連合(IUCN)により、軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]

日本では環境省により鳥類レッドリストで絶滅危惧II類(VU)の指定を受けている[5]。また、以下の都道府県でレッドリストの指定を受けている(統一カテゴリ[6][3]

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト

Sibley分類体系上の位置編集

Clements鳥類分類編集

自治体指定の鳥編集

日本の以下の自治体の指定の鳥である。括弧表記はかつて存在していた自治体。

編集

  • 神奈川県

編集

編集

編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Sterna albifrons in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.” (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2012年5月3日閲覧。
  2. ^ Sterna albifrons (Pallas, 1764)” (英語). ITIS. 2012年5月3日閲覧。
  3. ^ a b コアジサシ”. 日本のレッドデータ検索システム. エンビジョン環境保全事務局. 2018年8月11日閲覧。
  4. ^ a b ひと目でわかる野鳥 (2010)、212頁
  5. ^ “環境省レッドリスト2018の公表について” (プレスリリース), 環境省, (2018年5月22日), http://www.env.go.jp/press/105504.html 2018年8月11日閲覧。 
  6. ^ カテゴリと生物名称”. 日本のレッドデータ検索システム. エンビジョン環境保全事務局. 2018年8月11日閲覧。

参考文献編集

  • 『ひと目でわかる野鳥』中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月。ISBN 978-4415305325

関連項目編集

外部リンク編集