メインメニューを開く

歴史編集

1337年ウィリアム・ド・ブーン英語版議会招集令状英語版によるイングランド貴族として叙せられたが[1][2]、その息子でヘレフォード伯・エセックス伯も兼ねたハンフリー・ド・ブーン英語版(1341–1373)には男子がなく、女子が2人あっただけなので彼の死後に停止(abeyant)となった。1384年になってハンフリーの娘メアリー・ド・ブーンの夫であるヘンリー王子(後のヘンリー4世)に継承された。

ついで1603年ヘンリー・ハワード(1540–1614)が、イングランド貴族として叙せられたが、一代で廃絶している[3]

ついで1618年には第2代コンプトン男爵ウィリアム・コンプトン英語版(-1630)が、1618年にイングランド貴族として叙せられた[4]。9代ノーサンプトン伯チャールズ・コンプトン(1760–1828)の代の1812年ノーサンプトン侯爵に叙せられており、以降ノーサンプトン伯爵位はノーサンプトン侯爵位の従属爵位として現在まで続いている[5][6]

2015年現在の爵位保持者は第7代ノーサンプトン侯爵・第15代ノーサンプトン伯爵スペンサー・コンプトン(1946年-)である[5]

ノーサンプトン伯 (1337年)編集

ノーサンプトン伯 (1604年)編集

ノーサンプトン伯 (1618年)編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ Lundy, Darryl. “William de Bohun, 1st Earl of Northampton” (英語). thepeerage.com. 2015年12月10日閲覧。
  2. ^ Heraldic Media Limited. “Hereford, Earl of” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月10日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “Henry Howard, 1st Earl of Northampton” (英語). thepeerage.com. 2015年12月10日閲覧。
  4. ^ Heraldic Media Limited. “Northampton, Earl of (E, 1618)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月10日閲覧。
  5. ^ a b Heraldic Media Limited. “Northampton, Marquess of (UK, 1812)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月10日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Charles Compton, 1st Marquess of Northampton” (英語). thepeerage.com. 2015年12月10日閲覧。

関連項目編集