メインメニューを開く

伯爵

英国の爵位 (Earl)

伯爵(はくしゃく、: Count、Earl: Graf)とは爵位の一つである。侯爵の下位、子爵の上位に相当する[1]。もともとは古代中国で使われていた名称で、近代日本華族の五爵第3位として採用され、転じてヨーロッパ貴族の称号の訳語にも用いられるようになった。

目次

欧州との対応編集

日本の伯爵編集

  • 皇族
    皇族の臣籍降下に伴って与えられた爵位は侯爵または伯爵である。時期によって叙爵方針に差異が存在する。
    皇室典範制定前に様々な事象により離脱した皇族は、宮家から最初に離脱した者でも伯爵に叙された(家教王は、明治維新前に一度臣籍降下し、復籍後再度離脱している)。
    上記の例に類似した例として、上野家と二荒家は北白川宮能久親王落胤として臣籍から一度皇籍に入り、再度臣籍降下して伯爵に叙されている。
    皇室典範制定前は明治維新以前の運用方針により四世襲親王家当主以外は臣籍降下し華族に列するとしたが、家教王以外に事例は無く、間もなく典範制定により永世皇族制が採用され原則として男子の臣籍降下は無くなった。上野・二荒の二例は皇族内規を準用した例外的な運用である。
    皇室典範が増補された1899年(明治32年)以降臣籍降下制度が典範に正式に制定された。これ以降は原則として離脱した皇族は侯爵に叙されている。
    しかし増補後も臣籍降下が進まず皇室財政の圧迫が懸念され「皇族ノ降下ニ関スル施行準則」が制定された1920年(大正9年)以降、降下前の宮家から二人目以降の降下である場合、通常伯爵が与えられた。
    1. 伏見宮 - 清棲家(清棲家教)、伏見家(伏見博英
    2. 北白川宮 - 上野家(上野正雄)、二荒家(二荒芳之
    3. 山階宮 - 鹿島家(鹿島萩麿)、葛城家(葛城茂麿
    4. 久邇宮多嘉王家含む) - 東伏見家(東伏見邦英)、宇治家(宇治家彦)、龍田家(龍田徳彦
  • 上記のうち、公家の1及び2、武家の1及び2、新華族の1が1884年明治17年)の華族制度発足とともに伯爵を授爵された家である。
  • 武家2のうちで太字となっているものは、内規(現米5万石以上)を満たしていないにもかかわらず特別な事情により伯爵を授爵した家である。朝鮮との外交を担ってきた宗家は国主・十万石格の家格をもっていたことが、松浦家は9代藩主松浦清の11女・中山愛子明治天皇の生母中山慶子の母にあたり外戚であることが、それぞれ配慮されたと言われている。
  • 公家3、武家3、新華族3は勲功によって子爵から陞爵された家である。ただし新華族3において斜字となっている家は男爵から直接伯爵に陞爵された。また新華族2のカテゴリーは、華族制度発足の際には授爵されなかったが、1884年(明治17年)以降に伯爵を陞爵ではなく直接与えられた家を意味している。
  • 貴族院へは伯爵同士の互選により伯爵議員を選出した(華族議員)。

イギリスの伯爵編集

 
伯爵の紋章上の冠

エドワード懺悔王在位:1042年-1066年)の代にはすでに貴族の爵位の原型があったようである。エドワード懺悔王はイングランドを四分割して、それぞれを治める豪族にデーン人が使っていた称号"Eorl"を与えたという。ただこの頃には位階や称号が曖昧だった[2]

確固たる貴族制度をイングランドに最初に築いた王は征服王ウィリアム1世在位:1066年-1087年)である。彼はもともとフランスのノルマンディー公であったがエドワード懺悔王の崩御後、イングランド王位継承権を主張して1066年にイングランドを征服し、イングランド王位に就いた(ノルマン・コンクエスト)。重用した臣下もフランスから連れて来たノルマン人だったため、大陸にあった貴族の爵位制度がイングランドにも持ち込まれた[3]

ウィリアム1世によって最初に制度化された貴族称号は伯爵(Earl)であり、1072年にウィリアム1世の甥にあたるヒュー英語版に与えられたチェスター伯爵Earl of Chester)がその最初の物である[注釈 2]。伯爵は大陸では"Count"と呼ぶが、イングランドに導入するにあたってウィリアム1世は、エドワード懺悔王時代の"Eorl"を意識して"Earl"とした。ところが伯爵夫人たちには"Earless"ではなく大陸と同じ"Countess"の称号を与えた。これは現在に至るまでこういう表記であり、伯爵だけ夫と妻で称号がバラバラになっている[2][6]

14世紀初頭まで貴族身分はごく少数のEarl(伯爵)と大多数のBaron(男爵)だけだった[7]。初期のBaronとは貴族称号ではなく直属受封者を意味する言葉だった[7][8]。Earlのみが、強力な支配権を有する大Baronの持つ称号であった[9]。ヨーロッパ大陸から輸入された公爵(Duke)、侯爵(Marquess)、子爵(Viscount)が国王勅許状で貴族称号として与えられるようになったことでBaronも貴族称号(「男爵」と訳される物)へと変化していった[9]

侯爵から男爵までの貴族への敬称は家名(姓)ではなく爵位名にLordをつけて「○○(Lord)」とされる(公爵のみは「○○公 Duke of ○○」)。例えばカーナーヴォン伯爵の「カーナーヴォン」は爵位名であって家名はハーバートだが、カーナーヴォン卿と呼び、ハーバート卿にはならない。また日本の華族は一つしか爵位を持たないが、イギリスでは一人で複数の爵位を持つことが多い。中でも公爵・侯爵・伯爵の嫡男は当主の持つ従属爵位のうち二番目の爵位を儀礼称号として称する[10]

現存する伯爵家一覧編集

イングランド貴族編集

  1.   シュルーズベリー伯爵(1442年)/タルボット伯爵英語版(1784年グレートブリテン貴族)/ウォーターフォード伯爵(1446年アイルランド貴族) : チェットウィンド=タルボット家
  2.   ダービー伯爵(1485年) :  スタンリー家英語版
  3.   ハンティンドン伯爵英語版(1529年) : ヘイスティング=バス家
  4.   ペンブルック伯爵(1551年)/モントゴメリー伯爵英語版(1605年)ハーバート家英語版
  5.   デヴォン伯爵英語版(1553年)コートネイ家英語版
  6.   リンカン伯爵(1572年) : ファインズ=クリントン家
  7.   サフォーク伯爵(1603年)/バークシャー伯爵英語版(1626年)ハワード家
  8.   デンビー伯爵英語版(1622年)/デズモンド伯爵英語版(1628年アイルランド貴族) : フィールディング家
  9.   ウェストモーランド伯爵(1624年)フェーン家英語版
  10.   リンジー伯爵英語版(1626年)/アビングドン伯爵英語版(1682年) : バーティ家
  11.   ウィンチルシー伯爵英語版(1628年)/ノッティンガム伯爵(1681年) : フィンチ=ハットン家
  12.   サンドウィッチ伯爵(1660年) : モンタギュー家
  13.   エセックス伯爵(1661年) : カペル家
  14.   カーライル伯爵(1661年)ハワード家
  15.   シャフツベリ伯爵(1672年) : アシュリー=クーパー家
  16.   ポートランド伯爵(1689年)ベンティンク家英語版
  17.   スカーバラ伯爵(1690年) : ラムリー家
  18.   アルベマール伯爵英語版(1697年) : ケッペル家
  19.   コヴェントリー伯爵英語版(1697年) : コヴェントリー家
  20.   ジャージー伯爵(1697年)ヴィリアーズ家

スコットランド貴族編集

  1.   クロフォード伯爵(1398年)/バルカレス伯爵英語版(1651年)リンジー家英語版
  2.   エロル伯爵英語版(1453年)ヘイ家英語版
  3.   サザーランド伯爵(1230年or1275年or1347年) : サザーランド家
  4.   マー伯爵(1114年頃)マー家英語版
  5.   ロシズ伯爵(1458年)レズリー家英語版
  6.   モートン伯爵(1458年)ダグラス家英語版
  7.   バカン伯爵英語版(1469年)アースキン家英語版
  8.   エグリントン伯爵英語版(1508年)/ウィントン伯爵英語版(1859年連合王国貴族)モントゴメリー家英語版
  9.   ケイスネス伯爵英語版(1455年)シンクレア家英語版
  10.   マー伯爵(1565年)/ケリー伯爵英語版(1619年)アースキン家英語版
  11.   マリ伯爵(1562年)ステュアート家
  12.   ヒューム伯爵(1605年)ダグラス=ヒューム家英語版
  13.   パース伯爵英語版(1605年)ドラモンド家英語版
  14.   ストラスモア=キングホーン伯爵(1606年)ボーズ=ライアン家英語版
  15.   ハーディントン伯爵英語版(1619年) : バイリー=ハミルトン家
  16.   ギャロウェイ伯爵英語版(1623年)ステュワート家
  17.   ローダーデール伯爵英語版(1624年)メイトランド家英語版
  18.   リンジー伯爵英語版(1633年)リンジー=ベテューヌ家英語版
  19.   ラウダウン伯爵英語版(1633年) : アベニュー=ヘイスティングス家
  20.   キノール伯爵英語版(1633年)ヘイ家英語版
  21.   エルギン伯爵(1633年)/キンカーディン伯爵英語版(1643年)ブルース家
  22.   ウィームス伯爵英語版(1633年)/マーチ伯爵英語版(1697年)チャータリス家英語版
  23.   ダルハウジー伯爵(1633年)ラムゼイ家英語版
  24.   エアリー伯爵英語版(1639年)オギルヴィ家英語版
  25.   リーブン伯爵英語版(1641年)/メルヴィル伯爵英語版(1690年)リズリー英語版メルヴィル家英語版
  26.   ディザート伯爵英語版(1643年)グラント家英語版
  27.   セルカーク伯爵英語版(1646年) : ダグラス=ハミルトン家
  28.   ノーセスク伯爵英語版(1647年)カーネギー家英語版
  29.   ダンディー伯爵英語版(1660年)スクリームジョア家英語版
  30.   ニューバラ伯爵英語版(1660年)ロスピリョージ家イタリア語版(イタリア貴族ロスピリョージ公爵)
  31.   アナンデール及びハートフェル伯爵英語版(1662年)ホープ=ジョンストン家英語版
  32.   ダンドナルド伯爵英語版(1669年)コクラン家英語版
  33.   キントーア伯爵英語版(1677年)ケイス家英語版
  34.   ダンモア伯爵(1686年)マレー家英語版
  35.   オークニー伯爵英語版(1696年) : セント・ジョン家
  36.   シーフィールド伯爵英語版(1701年) : スタッドリー家
  37.   ステアー伯爵英語版(1703年):ダーリンプル家
  38.   ローズベリー伯爵(1703年)/ミッドロージアン伯爵(1911年連合王国貴族)プリムローズ家英語版
  39.   グラスゴー伯爵英語版(1703年)ボイル家英語版

グレートブリテン貴族編集

  1.   フェラーズ伯爵英語版(1711年) : シャーリー家
  2.   ダートマス伯爵 (1711年) : レッグ家
  3.   タンカーヴィル伯爵英語版(1714年) : ベネット家
  4.   アイルズフォード伯爵英語版(1714年) : フィンチ=ナイトレイ家
  5.   マクルズフィールド伯爵(1721年) : パーカー家
  6.   ウォルドグレイヴ伯爵英語版(1729年)ウォルドグレイヴ家英語版
  7.   ハリントン伯爵英語版(1742年) : スタンホープ家
  8.   ポーツマス伯爵英語版(1743年) : ウォロップ家
  9.   ウォリック伯爵(1759年)/ブロック伯爵(1746年) : グレヴィル家
  10.   バッキンガムシャー伯爵英語版(1746年) : ホバート=ハンプデン家
  11.   ギルフォード伯爵(1752年) : ノース家
  12.   ハードウィック伯爵英語版(1754年) : ヨーク家
  13.   イルチェスター伯爵英語版(1756年) : フォックス=ストラングウェイズ家
  14.   デ・ラ・ウォー伯爵英語版(1761年) : ウェスト家
  15.   ラドナー伯爵英語版(1765年) : プリーデル・ブーベリー家
  16.   スペンサー伯爵(1765年)スペンサー家
  17.   バサースト伯爵英語版(1772年) : バサースト家
  18.   クラレンドン伯爵(1776年)ヴィリアーズ家
  19.   マンスフィールド伯爵英語版(1776年)/マンスフィールド伯爵英語版(1792年) : マレー家
  20.   マウント・エッジカム伯爵英語版(1789年) : エッジカム家
  21.   フォーテスキュー伯爵英語版(1789年) :フォーテスキュー家
  22.   カーナーヴォン伯爵(1793年)ハーバート家英語版
  23.   カドガン伯爵英語版(1800年) : カドガン家
  24.   マームズベリー伯爵(1800年) :ハリス家

アイルランド貴族編集

  1.   コーク伯爵(1620年)/オレリー伯爵英語版(1660年) : ボイル家
  2.   ウェストミース伯爵英語版(1621年) : ニュージェント家
  3.   ミース伯爵英語版(1627年) : ブラバゾン家
  4. キャバン伯爵英語版(1647年) : ランバート家
  5.   ドロヘダ伯爵英語版(1661年) : ムーア家
  6.   グラナード伯爵英語版(1684年) : フォーブス家
  7.   ダーンリー伯爵(1725年) : ブライ家
  8.   ベスバラ伯爵(1739年) : ポンソンビー家
  9.   キャリック伯爵英語版(1748年)バトラー家英語版
  10.   シャノン伯爵英語版(1756年) : ボイル家
  11.   アラン伯爵英語版(1762年) : ゴア家
  12.   コータウン伯爵英語版(1762年) : ストップフォード家
  13.   メクスバラ伯爵英語版(1766年) : サヴィル家
  14.   ウィンタートン伯爵英語版(1766年) : ターナー家
  15.   キングストン伯爵(1768年) : テニソン家
  16.   ローデン伯爵英語版(1771年) : ジョセリン家
  17.   リスバーン伯爵英語版(1776年) : ボーン家
  18.   クランウィリアム伯爵英語版(1776年) : ミード家
  19.   アントリム伯爵英語版(1785年) : マクドネル家
  20.   ロングフォード伯爵英語版(1785年) : パケナム家
  21.   ポーターリントン伯爵英語版(1785年) : ドーソン=ダマー家
  22.   メイヨー伯爵(1785年) : バーク家
  23.   アンズリー伯爵英語版(1789年) : アンズリー家
  24.   エニスキレン伯爵英語版(1789年) : コール家
  25.   アーン伯爵英語版(1789年) : クライトン家
  26.   ルーカン伯爵英語版(1795年) : ビンガム家
  27.   ベルモア伯爵英語版(1797年) : ローリー=コリー家
  28.   キャッスル・ステュワート伯爵英語版(1800年) : ステュアート家
  29.   ドナウモア伯爵(1800年) :ヒーリー=ハッチンソン家
  30.   カレドン伯爵英語版(1800年) : アレクサンダー家
  31.   リメリック伯爵英語版(1803年) : ペリー家
  32.   クランカーティ伯爵英語版(1803年) : ル・プア・トレンチ家
  33.   ゴスフォード伯爵英語版(1806年)アチソン家英語版
  34.   ロッセ伯爵英語版(1806年) : パーソンズ家
  35.   ノーマントン伯爵英語版(1806年) : エイガー家
  36.   キルモリー伯爵英語版(1822年) : ニーダム家
  37.   リストーウェル伯爵英語版(1822年) : ヘアー家
  38.   ノーベリー伯爵英語版(1827年) : グラハム=トーラー家
  39. ランファーリ伯爵英語版(1831年) : ノックス家

連合王国貴族編集

  1.   ロスリン伯爵英語版(1801年) : セント・クレアー=アースキン家
  2.   クレイヴン伯爵英語版(1801年) : クレイヴン家
  3.   オンズロー伯爵(1801年) : オンズロー家
  4.   ロムニー伯爵英語版(1801年) : マーシャム家
  5.   チチェスター伯爵(1801年) : ペラム家
  6.   ウィルトン伯爵英語版(1801年) : グローヴナー家
  7.   パウィス伯爵英語版(1804年)ハーバート家英語版
  8.   ネルソン伯爵(1805年) : ネルソン家
  9.   グレイ伯爵(1806年) : グレイ家
  10.   ロンズデール伯爵(1807年)ラウザー家英語版
  11.   ハロービー伯爵英語版(1809年) : ライダー家
  12.   ヘアウッド伯爵英語版(1812年) : ラッセルズ家
  13.   ミントー伯爵(1813年) : エリオット=マーレイ=キニンマウンド家
  14.   カスカート伯爵英語版(1814年) : カスカート家
  15.   ヴェルーラム伯爵英語版(1815年) : グリムストン家
  16.   セント・ジャーマンズ伯爵英語版(1815年) : エリオット家
  17.   モーレイ伯爵英語版(1815年) : パーカー家
  18.   ブラッドフォード伯爵英語版(1815年) : ブリッジマン家
  19.   エルドン伯爵英語版(1821年) : スコット家
  20.   ハウ伯爵英語版(1821年) : カーゾン家
  21.   ストラドブローク伯爵英語版(1821年) : ラウス家
  22.   ストーのテンプル伯爵(1821年) : テンプル=ゴア=ラントン家
  23.   コーダー伯爵英語版(1827年)キャンベル家英語版
  24.   リッチフィールド伯爵英語版(1831年) : アンソン家
  25.   ダラム伯爵(1833年) : ラムトン家
  26.   グランヴィル伯爵(1833年)ルーソン=ゴア家英語版
  27.   エフィンガム伯爵(1837年)ハワード家
  28.   デュシー伯爵英語版(1837年) : モートン家
  29.   ヤーバラ伯爵英語版(1837年) : ペラム家
  30.   レスター伯爵(1837年) : コーク家
  31.   ラヴレス伯爵英語版(1838年) : キング家
  32.   ゲインズバラ伯爵(1841年) : ノエル家
  33.   ストラフォード伯爵(1847年) : ビング家
  34.   コッテナム伯爵英語版(1850年) : ピープス家
  35.   カウリー伯爵英語版(1857年) : ウェルズリー家
  36.   ダドリー伯爵英語版(1860年) : ウォード家
  37.   ラッセル伯爵(1861年) : ラッセル家
  38.   クロマティ伯爵英語版(1861年)マッケンジー家英語版
  39.   キンバリー伯爵(1866年) : ウッドハウス家
  40.   ワーンクリフ伯爵英語版(1876年) : モンタギュー=ステュアート=ウォートレイ家
  41.   ケアンズ伯爵(1878年) : ケアンズ家
  42.   リットン伯爵(1880年) : リットン家
  43.   セルボーン伯爵(1882年) : パーマー家
  44.   イデスリー伯爵(1885年) : ノースコート家
  45.   クランブルック伯爵(1892年) : ゲイソン=ハーディ家
  46.   クローマー伯爵(1901年)ベアリング家
  47.   プリマス伯爵英語版(1905年) : ウィンザー=クライヴ家
  48.   リヴァプール伯爵(1905年) : フォジャム家
  49.   セント・アルドウィン伯爵(1915年) : ヒックス=ビーチ家
  50.   ベイティ伯爵英語版(1919年) : ベイティ家
  51.   ヘイグ伯爵英語版(1919年) : ヘイグ家
  52.   アイヴァー伯爵(1919年)ギネス家
  53.   バルフォア伯爵(1922年) : バルフォア家
  54.   オックスフォード=アスキス伯爵(1925年)アスキス家英語版
  55.   ジェリコー伯爵英語版(1925年) : ジェリコー家
  56.   インチケープ伯爵英語版(1929年) : マッカイ家
  57.   ピール伯爵(1929年) : ピール家
  58.   ビュードリーのボールドウィン伯爵英語版(1937年) : ボールドウィン家
  59.   ハリファックス伯爵(1944年) : ウッド家
  60.   ゴーリー伯爵英語版(1945年)ラスヴェン家英語版
  61.   ドワイフォーのロイド=ジョージ伯爵(1945年) : ロイド・ジョージ家
  62.   ビルマのマウントバッテン伯爵英語版(1947年) : ナッチブル家
  63.   チュニスのアレグザンダー伯爵(1952年) : アレクサンダー家
  64.   スウィントン伯爵英語版(1955年) : カンリフ=リスター家
  65.   アトリー伯爵(1955年) : アトリー家
  66.   ウォールトン伯爵(1956年) : マーキス家
  67.   スノードン伯爵(1961年) : アームストロング=ジョーンズ家
  68.   ストックトン伯爵(1984年) : マクミラン家 ※2015年現在、臣民に対して与えられた最後の世襲貴族爵位
  69.   ウェセックス伯爵(1999年) : 王族エドワード王子の爵位。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 中納言を一旦辞任することなく、大納言に任じられることを「直任」といい、一時中納言を辞してから後日改めて大納言に任じられるより格上とされた。「宣任の例多き」とは、一度でもこの直任の例があることを指す(浅見政男『華族誕生』)。
  2. ^ ヒューの子孫は1237年に絶え、チェスター伯爵位も一時途絶えたが、1254年ヘンリー3世在位:1216年-1272年)が皇太子エドワード(エドワード1世)に与えて以降、現在に至るまでイングランド・イギリス皇太子に継承される称号となっている[4]。最古参の爵位としてチェスター伯爵位は別格であり、同じくイギリス皇太子の称号であるコーンウォール公爵位よりも上位に書かれる[5]

出典編集

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)2236頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年2018頁、2019頁参照。
  2. ^ a b 森(1987) p.2
  3. ^ 小林(1991) p.16-17
  4. ^ 森(1987) p.3
  5. ^ 森(1987) p.4
  6. ^ 小林(1991) p.17
  7. ^ a b 近藤(1970)上巻 p.161
  8. ^ マリオット(1914) p.174-175
  9. ^ a b 近藤(1970)上巻 p.164
  10. ^ 森(1987) p.15

参考文献編集

関連項目編集