メインメニューを開く

過去ログ1 - 預言(Prophecy)と予言(Prediction)の定義について


「主な予言者・予言書」の節について編集

このところ立て続けにアイザック・ニュートンを書き加えようという人が現れています。関連著書は前から出ていたというのに、この数日で急増というのは、おそらく先週のテレビ番組の影響だろうと思います(私は見ませんでしたが)。しかし、ニュートンのものはあくまでも聖書預言の解釈結果に過ぎないわけで、解釈者をこの節に入れるのは不適切だと考えます。

仮に解釈者を入れることにした場合、「黙示録の解釈は666通りある」というジョークにもあらわれているように、ヨーロッパでの聖書解釈など枚挙に暇がないわけで、これにノストラダムス解釈者、偽マラキ解釈者、ファティマ解釈者、と連ねていけば収拾がつかなくなります。

関連項目にアイザック・ニュートンのオカルト研究へのリンクがあるのですから、ひとまずはそれで十分ではないでしょうか。

なお、ついでにワシントンもコメントアウトしました。伝記中に予言的なエピソードが一例ある、という程度を列挙していくのもキリがないと考えられますし、「主な~」という節タイトルにそぐわないと考えるからです(ほかのアメリカ大統領にも、リンカーンの暗殺にまつわる話などもありますし)。--Sumaru 2008年9月24日 (水) 04:05 (UTC)

掲載基準編集

掲載基準(特に「その他」の節の)についても、もう少し詰めたうえでリストを整理した方がいいかと考えました。私自身が想定していた最低限の基準は

  • 複数人がそれを予言と信じる著書を発表している
  • 単独の人物が主張しているだけだが、複数の別人の文献にも採り上げられている(=一定の知名度はある)
    • いずれのケースも聖書・クルアーンなどに出てくる「預言」と科学的な予言、および予言解釈は除く。

といったものでした。なお、内部リンク先に出典がある場合以外については、出典も明記したほうが良いのかもしれません(私自身がリストに加えたものについては、自分で後日行うつもりです)。--Sumaru 2008年9月24日 (水) 04:05 (UTC)

上記に従い、若干整理しました。イソップは当初、五島勉氏の著書とそれをトンデモ本として扱っている側の文献を出典として挙げるつもりでしたが、それでは不都合があると考え修正しました。ですので、上の基準のうち、二つ目は撤回します。--Sumaru 2008年9月30日 (火) 12:35 (UTC)

参考文献の節について編集

参考にしている文献がありますが、参照した記述が具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのかをお示しください。--Kuwopio 2010年9月23日 (木) 05:16 (UTC)

「参考文献欄」には直接的に記述する上で参考にした文献だけでなく、より深くその主題を理解するうえで有益な文献(いわゆる further readings)が混じることはよくあります。
その適否が過去あちこちで議論されてきたことは認識していますが、further readings を参考文献欄に混ぜてはいけない旨が方針文書に盛り込まれるには至っていないと認識しています(Wikipedia:レイアウトの指針#参考文献でも扱いについては議論中となっています)。
仮に私の認識が誤っており、すでに別の方針文書に組み込まれているというのなら、該当箇所を具体的にお示しいただければ幸いです。--Sumaru 2010年9月23日 (木) 10:18 (UTC)
further readingsはウィキペディア英語版によくある節ですね。私は関連文献の節と認識しておりました。参考文献に関連文献が混ざるのは私的には如何なものかと思います。まずはご掲示先の議論にて意見を述べてまいりたくぞんじます。ありがとうございます。--Kuwopio 2010年9月24日 (金) 03:55 (UTC)
ページ「予言」に戻る。