ノート:日向未南

話題を追加
アクティブな議論

本記事の立項について編集

特筆性のあるアニメの主役に抜擢されたということはわかりますが、この項目の立項は拙速であるように思われます。未だに正式なガイドラインや方針ではありませんが、Wikipedia:特筆性 (人物)を参照すると、WP:BASICには「対象者から独立し」た二次情報源が存在し、「特筆すべきであることを検証するには、複数の独立した情報源が求められる」こと、一次情報源のみでは不足であることが示されています。「付加的な基準」の「芸能人」の節に挙げられた要件もまだ満たしているとは言えないでしょう。現時点の記事で、出典は所属事務所など公式の一次資料が3つあり、PR TIMES等の二次資料が2つあると言えるでしょう。一次資料は全般的に対象からの独立性が弱い資料です。PR TIMESは一定程度信頼できる情報源ではありますが、企業のプレスリリースをそのまま掲載している場合が多く、一次資料寄りの内容です。「コミックナタリー」もこの分野で一定程度信頼できる情報源ですが、こちらも一次資料を第三者的・批判的・批評的に解した内容とは言えず、一次資料に近い内容が多いメディアです。また、記事内容も声優のプロフィールや業績に着目したものではありませんし、当記事の声優の名前で検索してもそれらに着目したものはこれから増えるという期待はありますが、まだほとんどありません。以上のことから立項は拙速なものであったとして削除依頼の提出も考えておりますが、いかがでしょうか。--Kuroser86会話) 2021年11月3日 (水) 10:50 (UTC)

  コメントWikipedia:特筆性 (人物)#芸能人に挙げられた要件もまだ満たしているとは言えないでしょう」との事ですが、ここには「検証可能で信頼できる出典において、すでに特筆性が立証されている映画や、テレビ・ラジオでの放送番組、舞台公演、その他の作品における重要な役割が明記されていること」とあります。本記事の人物は、特筆性が立証されている作品『王様ランキング』において「本作の主人公(主役)」と明記されており、これを満たします。『賢者の弟子を名乗る賢者』においても主要人物の記載があります。「特筆性のあるアニメの主役に抜擢されたということはわかります」と認識されているのでしたら問題ないはずです。情報源ですが二次資料ではあるので、一次資料寄りの内容であるからと言って、これが否定されるものではありません。声優・俳優などの記事において、出演実績(出演節での記載数)はその人物を業績を示すもので、特筆性のある作品にモブではない名前の与えられた役をこれだけ務めていれば十分な業績と言えます。現在までに数多くの十分な加筆も行われており、立項時の不足も随分補われているので、初期段階の記事としては十分と言えるでしょう。
本ノートへのコメント、および、{{特筆性}}の挿入は、立項からわずか3時間強で行われていますが、これこそ拙速ではないでしょうか。記事全般でも言える事ですが、{{即時削除}}に相当する記事ならともかく、たとえ特筆性に疑問があるとしても、立項時において記事として十分に成立しているものに対して、この短時間はいささか早計に思えます。もちろん、立項時にすべての条件を満たしているのがベストでしょうが、(今回がそうとは言いませんが)新規立項記事狩りの様な事を行っていては、将来育つ可能性のある記事の芽を摘む事になります。立項時は1000バイトに満たない記事でも、現在は立派な記事に成長しているものを数多く見ています。Wikipedia:スタブのガイドラインがある様に、これらが否定されている訳でもありません。本記事においても立項時に{{Voice-stub}}を記載しており、実際に現在までに数多くの十分な加筆が行われています。それだけ注目されていた人物と言えます。立項からわずか3時間強では、「新しいページ」「最近の更新」をリアルタイムで見ていない限り、立項に気付く人も殆どいないでしょう。立項に気付いても、加筆に至るまで時間がかかる事もあるでしょう。そういった事も考慮し、しばらく見守ると言った事も必要かと思います。--えのきだたもつ会話) 2021年11月7日 (日) 17:42 (UTC)
    •   コメント 現時点における記事は加筆によって人物記事の特筆性の要件を満たす最低限の情報を何とか備えていると考えられますので、これに削除依頼を提出することはしないつもりですが、初期の版はスタブ記事としてももう少し加筆が必要な状態であったと思っております。それは、「ごく最近になってアニメとしての特筆性を獲得した」現在放送中のアニメ1作に主役で出演しており、かつ、「現在は原作の特筆性によって記事が存在している」数ヶ月後に放送予定であるアニメで重要な役で出演するからといって、Wikipedia:特筆性 (人物)#芸能人を直ちに満たすわけではないということです。そもそもこのガイドラインの職業別の特筆性は付加的な基準であり、基本的な基準ではなく、「これらの基準を満たさないという事が」特筆性を否定するのでも「一つ以上基準を満たすからといって」特筆性が認められるのでもありません。また、{{Voice-stub}}を貼っていたことは書きかけであることを知らしめ、加筆を促す意図があったことは理解できますが、望ましいスタブ記事は編集の要約にも書きかけであることを示し、現在までに加筆された程度の内容は必要だったのではないでしょうか。最初の方の版で用いられていた出典は本人からの「独立性」が著しく低いか、または、本人は役についての簡単な説明があるのみで作品についてが主体の媒体かという状態でした。もちろんこのような資料は一定程度有用ですのでそういう資料を「使うな」という話ではなく、このような資料しか見つけられていない場合は、通常は初期の本記事程度の情報量のスタブの場合は「十分な資料が集められるまで立項を待つ」ことがWP:NPOVWP:GNG/IOTSWP:NOTNEWSの趣旨から必要なのではないかと考えて主張しました。プレスリリース等の本人からの独立性が弱いメディアで扱われ、特筆性のあるゲームへの起用や自己出版ではない商業誌の出版物等への起用、特筆性のある人物および企業の主宰する賞を受けていたイラストレーターの記事が削除される例もあったため、Webの資料が充実するまで待つか、紙媒体が手に入るまで待つかのどちらかにして、やはり拙速に過ぎる立項は避けた方が良いのではないでしょうか。
私が3時間以内にもかかわらず{{特筆性}}のタグを付与したのは以上の理由からです。今回は仰るように早くに記事に興味を持って加筆を行うアニメや声優を扱うウィキペディアンが多かったので、人物記事としての特筆性がかろうじて満たされるに至りましたが、このような加筆は行われずに長らく放置または削除されているスタブ記事も数多くありますし、特筆性のある作品に主役で出演したものの結局諸般の事情で削除に至った人物記事もあり、本来スタブのまま記事が存在する期間は短いに越したことはなく、存命人物の記事はなおさら慎重に扱うように求められていると思われますので、今回{{特筆性}}とノートのコメントを残すに至った次第です。--Kuroser86会話) 2021年11月8日 (月) 11:30 (UTC)
  コメント いくつか申し上げておきますが、私が加筆を行ったのはえのきだたもつさんが立項した記事を見て興味を持ったからにほかなりません。現在の記事をご覧になってKuroser86さんが特筆性ありとお認めになるのであれば、えのきだたもつさんがこの記事を立項したことはウィキペディアにおける明白な貢献です。質量ともに世界最大の百科事典を目指すこのプロジェクトにおいて、何ら批判すべきことではありません。さて、Kuroser86さんは「今回は仰るように早くに記事に興味を持って加筆を行うアニメや声優を扱うウィキペディアンが多かったので、人物記事としての特筆性がかろうじて満たされるに至りましたが」とおっしゃっていますが、これは明らかな誤りです。Wikipedia:独立記事作成の目安に「特筆性のあるなしは記事の出来とは関係がありません」「現在の記事において信頼できる二次情報源による出典が提示されていないとしても、それは特筆性がないということを必ずしも意味しません」と記載がある通り、特筆性はその時点における記事の内容によって決まるものではなく、その時点で世に公開されている全情報に基づいて決まるものです。現在の版で出典として使用されている雑誌およびウェブページは、えのきだたもつさんが本記事を立項し、Kuroser86さんが特筆性に関して疑問を呈した2021年11月3日時点ですべて公開済みでした。したがって、その時点ですでに特筆性が満たされていたという事実に変わりはなく、単に記事内の記載が充実していなかったに過ぎないということです。もちろん、最初から十分な内容を記載するに越したことはありませんが、地上波で放送中のアニメの主役なのですから、誠実に調査すれば多少なりとも情報源が見つかるというのは十分に予想できたのではないでしょうか。実際にイトユラさんやこんせさんはKuroser86さんが議論を提起した直後にウェブ上の情報源を発見して加筆をなさっています。そういった前提を踏まえれば、Kuroser86さんは安易に削除依頼を予告するよりも前にまずは「誠実な調査」を尽くし、ご自身の手で記事を改善できないか考えるべきでした。速やかに調査と加筆に向けて行動したイトユラさんやこんせさんのような態度こそがウィキペディアンとして求められるものです。仮にKuroser86さんに誠実な調査が行う意思がないのであれば、削除依頼に関わるべきではないし、削除依頼を予告すべきでもありません。今回のこのノートページでの議論提起は百科事典の充実に資するところのない全く不毛なものです。--ワレワレハシンジュクジンダ会話) 2021年11月8日 (月) 13:34 (UTC)
  コメント 「そんなに言うなら自分がもっと努力してノートで十分に情報提供して加筆もしてからタグを貼りなさい」と言われればその通りなのでここは私の反省するべきところですが、これは立項時の問題ですので、「その時点で世に公開されている全情報に基づいて決まるもの」であること以前に、同じくWP:Nに記載がありますが、「独立記事の特筆性の立証は立項初期段階に立項者がなるべく行った方がよい」ということです。確かに他の利用者の方々も初版立項者の方も出典を付与して記事の充実に寄与されています。しかし、WP:GNG/SCWP:GNG/IOTSWP:N#NRの面からすれば、それら単独では特筆性の根拠にはならない資料が中心でした。当然ながら私も事前に検索エンジンで調べたのですが、他の方々が見つけたものと同等の内容しか見つからなかったので、{{特筆性}}を貼付するに至りました。ワレワレハシンジュクジンダさんは人物とその経歴、職業である演技についても対象からは独立した十分に信頼できる二次資料である紙媒体の資料を用いてよくわかるように追記なさっていたので、特筆性がある可能性が高いことを確認はできました。しかし、まだほぼ1つの主演作品に関するエピソードしかありませんので、いずれにせよ、今後の資料の充実を待って加筆する必要があります。なお、プロジェクト:放送または配信の番組によれば、地上波の放送であることよりも放送される地域の広さを重視して複数以上のネットで継続的・反復的に放映されればよく、「ウィキペディアに将来の予定を記述することは禁止されませんが、性急な加筆や記事立項は歓迎しません。原則として、番組終了後(もしくは長期間の放送継続後)に公表された二次資料に基づき、過去の放送実績として検証可能な情報のみを記述します」とあるように、テレビ番組関連資料は扱いが難しいところがあります。この記事の議論としては、ワレワレハシンジュクジンダさんの編集で私の方の主張が棄却されえのきだたもつさんの主張が採択される形で実質的に決着が付いていますが、放送中・放送予定の重要な役をそれぞれ1つずつ得ている場合など、近い将来に特筆性を疑いなく示す程度に十分な資料が蓄積してくると思われる場合は、無理に放送中にスタブとしてまで書く必要はなく、放送後あるいは放送終盤まで待った方がよいのではないかと思われたのです。--Kuroser86会話) 2021年11月8日 (月) 16:46 (UTC)
  コメント Kuroser86さんのご意見について、一部誤解があったようで失礼しました。また、こちらの言い分についてもいくらかご理解いただき、ありがとうございます。ただ、Kuroser86さんのおっしゃることの中には一部に頷けるものもありますが、そうした論点に関してはなにも本記事やえのきだたもつさんに限った話ではないように思います。このような芸能関係者の記事の立項タイミング一般に関して、プロジェクトや井戸端などしかるべき場所で改めて問題提起をするほうが実りある議論になるのではないでしょうか。ここでの議論では、どうしてもえのきだたもつさんによる本記事立項の是非という個別の事情に特化したものになってしまい、今後の記事立項にも通用しうるような汎用的な結論に到達することは難しいでしょう。また、Kuroser86さんの意図はどうあれ立項者個人に対する問責のようになるのもよくありません。ひとまず、この議論は「特筆性はある」という結論で終了し、さらなる記事の改善に取り組むのが有益ではないかと考えておりますが、いかがでしょうか。私としては、現時点で出版されているアニメ雑誌とウェブ上の情報は一通り調査したつもりでおりますが、明日発売(発行は来月)の複数の雑誌に『王様ランキング』の記事が載ると予告されていますし、出演が決まっている『賢者の弟子を名乗る賢者』も含めて、これから何かしらのメディアで日向さんが取り上げられるかもしれません。Kuroser86さんが良い情報源を見つけた際には、無理のない範囲でぜひとも加筆にご協力いただければと思います。なお、このような分野では出演作が増えるごとに記事のバランスが崩れていくということも考えられます。私が加筆した部分については、特にこだわりませんから、(Kuroser86さんに限らずどなたでも)必要に応じて整理していただいて構いません。せっかくできた記事ですので、良い記事にできるよう協力していきましょう。--ワレワレハシンジュクジンダ会話) 2021年11月9日 (火) 13:11 (UTC)
ページ「日向未南」に戻る。